心はいつもAirPucci (空元気でもいいから)

毎日がPucciを着ているような気分

ルーシー・リー展に行ってきました。

   


28日から国立新美術館で始まった、ルーシー・リー展。素晴らしかったです。
「地球上のどこに今住んでいようとも、すべての人に見に来て欲しい」
それほどまでに思ってしまう。圧巻でした。
ルーシー・リー展

昨年も三宅一生キュレーションでルーシー・リー展が行われましたが、今回は規模が違います。
美術館蔵の作品はもちろんのこと、個人蔵の作品も展示され、ルーシー・リーが生涯取り組んだ軌跡を眺めることができます。これほど大規模な展示が日本で行われるのは20年ぶりとのこと。作品数は200強。作家が生涯作ったものの展示として、パリのピカソ美術館で見た様々な創作オブジェ群を見たとき以来に心躍りました。制作にかかわるノートも公開されています。

彼女のイメージともなっている、よく知られた美しいフォルムの碗と花器で作品展はスタートしますが、
ルーシー・リー展


個人的には、彼女の初期作品を拝見できたことがよかったです。

溶岩釉と名づけられた作品。
ルーシー・リー展

マグマの噴火で、地球のあらゆる鉱物資源が溶け出し冷え固まる様を再現したかのような、プリミティブな美しさ。
すべての仕上げを一度の醸成で行う彼女の手法の原点だそうです。

1902年、オーストリア生まれのルーシー・リー。建築に影響を受けただけあって、彼女の家具と室内のデッサンもありました。とてもモダンな感性。しかし、時代は素朴な民芸復古にあり、独自の美の世界を追求する彼女はなかなか評価されない不遇を迎えます。

そのような風潮のなかでも、自らが美しいと感じるものを作り続け、多くを試み作品を生み出した軌跡に、人が本来もつ創造性というエネルギーはとてつもなく大きいものなのだと感じさせられます。圧倒的な美しさとそれを静かに追い求める執念には、インテリアやアート建築好きの方のみならず、一人の人間が一生をかけて何かを追求するという生き方の偉大さを感じ取ることができると思います。

本当に、地球上のどこに今住んでいようとも、すべての人に見に来て欲しい。よくぞこれだけ集めて展示できました。素晴らしいです。
私はもう一度見に行きたいと思います。

 - music&Art

Comment

  1. ともちん より:

    ルーシー・リー展に行ってきました。: 28日から国立新美術館で始まった、ルーシー・リー展。素晴らしかったです。
    「地球上のどこに今住んでいようとも、すべての人に見に来て欲しい」
    それほどまでに思ってしまう。圧巻でした。

    昨年も… http://bit.ly/baWITW

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

Triste(悲しみ)

一生で一番好きなアルバム、ジョー・ヘンダーソンのダブルレインボウ。 iTunes …

no image
男の子ばかりだった

短いけど作家生活は結局男の子ものしかできなかった。 ミュージシャンの養成所みたい …

Red&Blue

Music&Artのジャンルは久々に書きます。一生で一番好きなジョーヘ …

no image
真夏の3部作

夏です。夏と言えば、個人的に「真夏の3部作」。 おニャン子クラブでのソロ、新田恵 …

no image
ストレンジャーインパラダイス

奈良に来ておりまして、なぜかストレンジャーインパラダイスが頭ん中ヘビロテするんで …

voyger

NASAのvoygerが太陽圏の惑星探査を終え、太陽圏を脱出したというニュース。 …

no image
ラフマニノフが演奏する、浅田真央ちゃんのショパン ノクターン  第2番変ホ長調 作品9の2

真央ちゃん、スケートアメリカ金メダル おめでとうございます! とっても美しかった …

no image
アイドルポップス

先日ラジオで懐メロ聴いて以来アイドルポップスにはまってます。youtubeでだけ …

浅田真央 2005年世界ジュニア選手権エキシビジョンがかわゆすぎて倒れそう

高島屋での smile 浅田真央展でも展示してあるMyベスト衣装、伊藤みどりさん …

雨降りなので、Once I Loved

雨です。さわやかな5月を感じた日が少なかったのは寂しいけれど、恵みの雨も楽しみま …