心はいつもAirPucci (空元気でもいいから)

毎日がPucciを着ているような気分

ルーシー・リー展に行ってきました。

   


28日から国立新美術館で始まった、ルーシー・リー展。素晴らしかったです。
「地球上のどこに今住んでいようとも、すべての人に見に来て欲しい」
それほどまでに思ってしまう。圧巻でした。
ルーシー・リー展

昨年も三宅一生キュレーションでルーシー・リー展が行われましたが、今回は規模が違います。
美術館蔵の作品はもちろんのこと、個人蔵の作品も展示され、ルーシー・リーが生涯取り組んだ軌跡を眺めることができます。これほど大規模な展示が日本で行われるのは20年ぶりとのこと。作品数は200強。作家が生涯作ったものの展示として、パリのピカソ美術館で見た様々な創作オブジェ群を見たとき以来に心躍りました。制作にかかわるノートも公開されています。

彼女のイメージともなっている、よく知られた美しいフォルムの碗と花器で作品展はスタートしますが、
ルーシー・リー展


個人的には、彼女の初期作品を拝見できたことがよかったです。

溶岩釉と名づけられた作品。
ルーシー・リー展

マグマの噴火で、地球のあらゆる鉱物資源が溶け出し冷え固まる様を再現したかのような、プリミティブな美しさ。
すべての仕上げを一度の醸成で行う彼女の手法の原点だそうです。

1902年、オーストリア生まれのルーシー・リー。建築に影響を受けただけあって、彼女の家具と室内のデッサンもありました。とてもモダンな感性。しかし、時代は素朴な民芸復古にあり、独自の美の世界を追求する彼女はなかなか評価されない不遇を迎えます。

そのような風潮のなかでも、自らが美しいと感じるものを作り続け、多くを試み作品を生み出した軌跡に、人が本来もつ創造性というエネルギーはとてつもなく大きいものなのだと感じさせられます。圧倒的な美しさとそれを静かに追い求める執念には、インテリアやアート建築好きの方のみならず、一人の人間が一生をかけて何かを追求するという生き方の偉大さを感じ取ることができると思います。

本当に、地球上のどこに今住んでいようとも、すべての人に見に来て欲しい。よくぞこれだけ集めて展示できました。素晴らしいです。
私はもう一度見に行きたいと思います。

 - music&Art

Comment

  1. ともちん より:

    ルーシー・リー展に行ってきました。: 28日から国立新美術館で始まった、ルーシー・リー展。素晴らしかったです。
    「地球上のどこに今住んでいようとも、すべての人に見に来て欲しい」
    それほどまでに思ってしまう。圧巻でした。

    昨年も… http://bit.ly/baWITW

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
You Are the Sunshine of My Life

今日街を歩いていたら、You Are the Sunshine of My Li …

no image
真夏の3部作

夏です。夏と言えば、個人的に「真夏の3部作」。 おニャン子クラブでのソロ、新田恵 …

no image
君の瞳に恋してる Can’t Take My Eyes off You

この曲をリピ聴きする初夢を見て2日後になくなったN君。私は彼にお願いしてある事が …

no image
リゾナントブルー

本物:高橋愛がすっかりかすんでしまう、悪目立ち:久住小春の存在感すごい。小春ちゃ …

ハウルの動く城byフランク・ステラ

関連しそうな記事 ルーシー・リー展に行ってきました。 粗野にして精細、等伯にやら …

no image
DexおじさまのMeditaionが好きだ

一生で一番好きなアルバム”Double Rainbow”のジョーヘン、60年代マ …

no image
ストレンジャーインパラダイス

奈良に来ておりまして、なぜかストレンジャーインパラダイスが頭ん中ヘビロテするんで …

no image
B級アイドル

最近、いろいろ余計なことを思い出します。 昔の、JJモデル山本誉子ってサンデーズ …

Triste(悲しみ)

一生で一番好きなアルバム、ジョー・ヘンダーソンのダブルレインボウ。 iTunes …

no image
羽生結弦くん祝GPF優勝!パリの散歩道がBlue Bossaに似ている

羽生結弦くん世界最高得点でGPF優勝おめでとうございます。フリーの世界最高は本人 …