心はいつもAirPucci (空元気でもいいから)

毎日がPucciを着ているような気分

14歳からの哲学 考えるための教科書

   



先週の土曜、昼間の自由が丘スタバで読んでいたのがこの本。一人でアホみたいに泣きながら読んでいました。姪が中学に入学するので、プレゼントにと思って買った本のひとつです。

この本は哲学書なので、何かの答えを与えてくれるものではない。考えることの大切さに気づいてもらうことを目的として書かれています。

「なぜ生きるのか」「死とは何か」「自分とは」答えの出ない問題を友達に投げかけてもわかるはずなく、一生懸命に考えた年齢に姪もなるのだなあと思ったとき、思いついたのがこの本。著者の池田晶子さんは美しく賢い文化人のはしりではないでしょうか。残念ながら2007年にガンのためお亡くなりになっています。

この本の出版にいたる経緯がこちらのブログに記されています。

トランスビューBlog
[N・14] 私はなぜ池田晶子さんに『14歳からの哲学』の執筆を依頼したか[2]

中学生では問題が起きたときの対処はできないかもしれないが、どう問題を捉えるのか、考える力をつけるには本を読むしかない、と良書を探したとき、中学生向けの哲学書は1937年初版の岩波文庫・吉野源三郎著『君たちはどう生きるか』しかなく、現代の中学生向け哲学書の必要性を感じたとのこと。

哲学の歴史を教える入門書ではなく、考えることの必要性を説く池田さんの語り口はわかりやすく、
自分や死、社会について決して答えの出ない問題があることを次々と提示してくれます。

ひとつ、答えを出しているとしたら、物事の捉え方は自分しだいであり、考えたことがそのまま自分自身であるということでしょうか。

この本がない時代に育った大人は、14歳のころ、何を手がかりに考えることの重要性を学んだのでしょう。私は答えの出ない問題を友達に投げかけ、困らせたものです。

学ぶ力をつけ、考える力をつけ、よりよい道を姪には歩んで欲しい。

大人にも読んでいただきたいです。

 - Media ,

Comment

  1. ともちん より:

    14歳からの哲学 考えるための教科書: 先週の土曜、昼間の自由が丘スタバで読んでいたのがこの本。一人でアホみたいに泣きながら読んでいました。姪が中学に入学するので、プレゼントにと思って買った本のひとつです。
    この本は哲学書なので… http://bit.ly/amyyWs

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「志高く」孫さんの自伝その1

孫さんの自伝「志高く」は、2004年に発行後、2008年に再発行されたもの。ソフ …

「志高く」孫さんの自伝その0

孫さんの自伝を読みました。「志高く」電子書籍をiPhoneで。 (iTunesス …

no image
iPad発売記念放送

28日はiPadの発売日。 写真は今日届いたiPadケース。私はまだケースだけで …

no image
小さなチーム、大きな仕事―37シグナルズ成功の法則

電車の細切れ時間を使って読了。 アメリカの37シグナルズというネットベンチャーの …

no image
ザッポスの奇跡

4年前からやっているネットショップ。ムック本で紹介され、売り上げも年々伸び、人気 …

no image
報道が「放射性物質」「放射線」「放射能」を混同していてわかりづらい

「放射能がくる」と、どうどう書いて失笑をかったAERA。しかしテレビ報道を見ると …

no image
チャンス

『犬飼 ターボ』という面白いペンネームの人が書いたビジネス小説。この本を読んだの …

no image
5日で身に付く伝える技術

久々の書評。尊敬する先輩の推薦図書です。 「5日で身に付く伝える技術」読むだけな …

いまさらながら「フラガール」

2006年公開の映画、ようやくDVDで見ました。テレビ放映も既にあったはず。。遅 …

報道されている放射線量の単位がバラバラでわかりづらい

福島原発の事故、本来は地震被災者を心配すべきなのに、この事故に関心がいってしまい …