心はいつもAirPucci (空元気でもいいから)

毎日がPucciを着ているような気分

14歳からの哲学 考えるための教科書

   



先週の土曜、昼間の自由が丘スタバで読んでいたのがこの本。一人でアホみたいに泣きながら読んでいました。姪が中学に入学するので、プレゼントにと思って買った本のひとつです。

この本は哲学書なので、何かの答えを与えてくれるものではない。考えることの大切さに気づいてもらうことを目的として書かれています。

「なぜ生きるのか」「死とは何か」「自分とは」答えの出ない問題を友達に投げかけてもわかるはずなく、一生懸命に考えた年齢に姪もなるのだなあと思ったとき、思いついたのがこの本。著者の池田晶子さんは美しく賢い文化人のはしりではないでしょうか。残念ながら2007年にガンのためお亡くなりになっています。

この本の出版にいたる経緯がこちらのブログに記されています。

トランスビューBlog
[N・14] 私はなぜ池田晶子さんに『14歳からの哲学』の執筆を依頼したか[2]

中学生では問題が起きたときの対処はできないかもしれないが、どう問題を捉えるのか、考える力をつけるには本を読むしかない、と良書を探したとき、中学生向けの哲学書は1937年初版の岩波文庫・吉野源三郎著『君たちはどう生きるか』しかなく、現代の中学生向け哲学書の必要性を感じたとのこと。

哲学の歴史を教える入門書ではなく、考えることの必要性を説く池田さんの語り口はわかりやすく、
自分や死、社会について決して答えの出ない問題があることを次々と提示してくれます。

ひとつ、答えを出しているとしたら、物事の捉え方は自分しだいであり、考えたことがそのまま自分自身であるということでしょうか。

この本がない時代に育った大人は、14歳のころ、何を手がかりに考えることの重要性を学んだのでしょう。私は答えの出ない問題を友達に投げかけ、困らせたものです。

学ぶ力をつけ、考える力をつけ、よりよい道を姪には歩んで欲しい。

大人にも読んでいただきたいです。

 - Media ,

Comment

  1. ともちん より:

    14歳からの哲学 考えるための教科書: 先週の土曜、昼間の自由が丘スタバで読んでいたのがこの本。一人でアホみたいに泣きながら読んでいました。姪が中学に入学するので、プレゼントにと思って買った本のひとつです。
    この本は哲学書なので… http://bit.ly/amyyWs

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
南場智子さんの「不格好経営」を読みました

本はうっかり増え続けるので、小さな本棚スペースを決めて「あふれたら売る」というル …

no image
「希望を捨てる勇気」その2

この本の「希望」とは、笑顔が似あう若者の希望ではありません。不況ネイティブな今の …

no image
「希望を捨てる勇気」その0

どうやら同じJiyugaokanな池田信夫先生の本。ようやく読みました。 この本 …

さいならテレビ。Ustreamは見ます&放送もしますよ。

孫さん(@masason)と佐々木俊尚さん(@sasakitoshinao)の対 …

no image
20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義

「いま、手元に5ドルあります。二時間でできるだけ増やせと言われたら、みなさんはど …

「志高く」孫さんの自伝その0

孫さんの自伝を読みました。「志高く」電子書籍をiPhoneで。 (iTunesス …

no image
もう一度、Future Vision

2019年の世界。あと7年。 登場人物に日本人がいない事にも注目してほしい。 関 …

no image
苦手なタスク管理のために読んだ2冊

ToDo管理が苦手なため、何とかしたくて読んだ最近の2冊。 稼げる 超ソーシャル …

no image
オカルトはもういいよ。

今は多少落ち着いてきた感がありますが、福島の原発事故を巡る報道が変で訳わかんない …

はやぶさ × twitter

金星と月のランデブー 野口さんの宇宙からの帰還 そして、本日6/13、はやぶさの …