心はいつもAirPucci (空元気でもいいから)

毎日がPucciを着ているような気分

めずらしく激褒めされているiPad

   


朝起きたら、iPhoneを手にし、Sleep Cycleで睡眠状況を確認し、メールを確認し、twitterを見るというのが最近の習慣です。眠っていた間の出来事がすぐに確認でき、今日は何をすべきか決定できます。手のひらサイズのiPhone、起きぬけ状態の片手で全部できてしまうところがすごい。いままでこんなツール、なかった。ちょっとした近未来にもう、来てしまいました。

iPadが発表されたとき、「でかいiPhoneだ。モーニングビューワーにはならない。ノートPCの代わりに使うにも、ソフトキーボードの動作が気になりそう。」そう思ってSONYのVAIO Pを購入しました。

私がiPadの可能性に気付いたのは、初めて電子本を読んだときです。


Discover21社から出た佐々木俊尚さんの「電子書籍の衝撃」を電子本としてiPhoneで読んだとき。言葉が脳に入ってくるスピードでさくさくページをめくれる快感、片手で寝転びながら読み、暗い中iPhone画面の光で読み、すぐに立ち上がる続きページを合間合間に片手で取り出して読み。紙の本ではできなかった読み方。電子本は読むというスタイルも拡張してくれると体感できたとき、iPadのサイズなら様々なメディアの消費スタイルを変えてしまう!と感じました。

iPadの凄まじいまでの可能性
岸さんは、
・コンテンツのクラウド化による消費場所のシームレス化
・旧来の新聞/ラジオ/テレビ/本/雑誌というメディア種別問わず消費できるというコンテンツ媒体のシームレス化
・テキスト/写真/映像/音楽という表現形式を問わないコンテンツの拡張性
・複数人が1端末を同時に操作できるという新しいインタラクティブの可能性
を説き、『エンターテイメント消費のイノベーションを起こす』と紹介しています。

現在は慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授の岸さんですが、元METIで小泉竹中時代に内閣府に出向し改革を実行した話題の人でした。喧嘩省庁出身らしく普段は批判が多い方ですが、iPadに関しては珍しく褒めています。

残念なのは、このようなデバイスがSONYのような日本メーカーから出なかったことです。
デバイス、と考えるのがよくないですね。
AppleがiPadでやろうとしているのは、新しいライフスタイルの提案です。情報消費の新しいスタイルを提案し、情報そのものの新しい姿を提案し、そのツールとしてiPadを発表しているのです。
ビジョンがあり、「こういうライフスタイルであるべき」というがメッセージがない限り、権利やら利権やら、specやら先端技術やらがあっても、モノはできるかもしれないけど、驚きと感動を与えるものはできない。日本のまじめな中高年技術者に足りていない部分。

見えない情報のストリームが空気中にいつでも流れている時代、私はそれらとコンタクトするアンテナのような気分でiPadを使いたいと思います。

 - Thinking ,

Comment

  1. ともちん より:

    めずらしく激褒めされているiPad: 朝起きたら、iPhoneを手にし、Sleep Cycleで睡眠状況を確認し、メールを確認し、twitterを見るというのが最近の習慣です。眠っていた間の出来事がすぐに確認でき、今日は何をすべ… http://bit.ly/d5rM6l

  2. […] ・日本はもう成熟国になった。かつてのような大きな成長は望めない。それは他の西側先進国もおそらく同様だ。 ・日本の成長を支えたものづくりは熟練した職人工にあったのは事実。それは手先が器用でまじめな日本人の特性であり、他の国に対する大きな差別化ポイントだと思っていたけど、そうではなかった。日本人だろうと何人だろうと、人はまじめに取り組めば技能を習熟していくものだ。フラット化してしまった世界の中でモノ作りで暮らすには、技以外のプラスαが必要なのだろう。 ・GDP(≒国内でのモノの生産や消費)が伸びないからといって不幸なわけではない。むしろモノもインフラも既に充足していて幸せに感じる(少なくとも大きな不便は感じない)のは成熟国家ならでは。 ・一方で、高度経済成長期の日本がそうであったように、中国やインドのようなGDP成長国を見ていると、彼らの消費は先進国として生きるための消費に見える。そう、マズローの要求レベル2のレイヤーにいる人達のようだ。洗濯機、冷蔵庫、エアコン、携帯、車、人よりも美しく着飾るモノを彼らは欲している。成熟国に住む私たちにはあえて緊急に買い換える必要がないモノばかり。 ・モノが充足した成熟国家に住む私たちが欲しいと思うものは何だろう?私たちの生活インフラが充足されマズローの要求レベル3以上にいるとするなら、何を必要とし、何を世界に提供できるのだろう?今までの技術と経験の蓄積、反省点すら資産のはずだ。世界には解決すべき問題が沢山ある。野口さんのいた「きぼう」から地球を眺める気分で視点を高く持ち上げ、世界を俯瞰してみれば、新しい課題が見えてくる。 ・インフラを必要とする国は沢山あり、私たちのインフラも改良していく必要がある。エネルギーシステム、交通システム、通信システム、水道システム。クリーンで環境負荷の低いもの、途上国では最高を最初からが望まれている。 ・モノが不要な成熟国でiPadが売れたのは大きなヒントだ。iPadはPCの起動の遅さという不便を解消するというよりは、ワイヤレスでくつろいだ姿勢でも使えるスタイル、直感的なインターフェースでストレスがなく使い方を夢想できる楽しさを与えてくれた。Appleが提供したのはiPadという美しいモノおよびソフトが選べるiTunesStoreというサービスがセットになったexperienceだ。開発環境と課金プラットホームで開発者を取り込むエコシステムも作った。電子書籍に関する議論が日本中で巻き起こり、私の姪(中1)の学習スタイルを変えた。技術的にはタッチパネルを全面利用した程度で大きな発展はないのに、私たちのスタイルを変化させるinnovativeな製品だった。 ・世界には問題が沢山あり、気づいていない何かを解決できるなら、成熟国でもニーズは作れる。洞察力が足りないのか?気づいて提案し実現し改良すればよい。なぜ踏み出せないのだろう?やはり日本に今足りないのはグローバル時代のリーダーシップだけのような気がする。 […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
エレガントをあきらめた時

iPadから初投稿です。マルチウィンドウじゃないので、web読みながらリンクを張 …

WHY-HOW-WHATの関係 その1

WHY-HOW-WHATの導きだしを先日のデザイン思考ワークショップでやったので …

no image
内部被曝の考え方

福島の原発事故から約1ヶ月。放射線および放射性物質の量を常にチェックするという近 …

no image
企業『も』拠出する、東北震災むけ募金サービス

東北震災が起きて、初めての月曜日。企業の支援活動が多くプレスリリースされました。 …

no image
起業塾で習わなかった絶対必要な四天王

チーム ファイナンス グロースハック プログラム の4つを日々考えている。経験の …

no image
希望に生まれて欲しい

昨日のはやぶさプロジェクトの成功は、久々に希望を感じる出来事でした。 私は理系で …

no image
男は黙って10億円

すごいなー お金持ちになって、こんな風に自分にとって価値があると思うことに寄付を …

この20年間欠如していたもの

2010年4月12日日本武道館に於ける東京大学大学院入学式での祝辞。 小林久志氏 …

no image
報道が「放射性物質」「放射線」「放射能」を混同していてわかりづらい

「放射能がくる」と、どうどう書いて失笑をかったAERA。しかしテレビ報道を見ると …

no image
楽天優勝&ヤフオク無料化記念、事業アイデアさらし

楽天優勝おめでとうございます。 色んな見方があるとは思いますが、マー君の登板、昨 …