心はいつもAirPucci (空元気でもいいから)

毎日がPucciを着ているような気分

エレガントをあきらめた時

   


iPadから初投稿です。マルチウィンドウじゃないので、web読みながらリンクを張る作業はしづらいです。写真をアップするような日記系ブログなら問題なく気軽に更新できますね。

iPad出現につき、池田信夫さんの言及が至極府に落ちました。

Newsweek エコノMIX異論正論
日本の企業がアップルから学ぶべきこと

アップルが示したのは、凡庸なコンセンサスよりエレガントな独断がまさるということ

ジョブズのワンマン、だけれども、見据えている世界があってブレない様子を『エレガントな独断』と評されて、凄く納得しました。

でも、ふと気づいたことがある。

日本の独断がガラパゴスと言われて駄目だしされるのに、Appleの独断はなぜ賞賛されるのか?

携帯ガラパゴス以前も、ビデオテープの『VHS vs β』の戦いが過去あったとおり、日本はメーカー独自仕様大好きだ。海外製品との互換性はおろか、国内製品との互換性も無くす程、縦割りは日本のお家芸。ものづくりにおいては頑固な主張を貫きとおす。

Appleは昔から独自の縦割りものづくり会社だ。かつてはCPUですらモトローラとApple専用CPUを開発していたほど。

Appleの縦割りに対抗し、横割りモデルを推進したのがマイクロソフト。ハード、アプリとレイヤー分けし、ちゃっかりOSレイヤーは全部持って行くモデル。業務データーの受け渡しで互換性が求められていた時代に日本のメーカーは横割りモデルを受け入れ、ガラパゴスは無くなった。ユビキタス社会を予見するかのようなビジョンを描き、実現レベルに落とし込んであったけど、あまりの未来指向なためか、それともUS技術分野と重なって貿易障害になってしまうからか、純国産スーパーガラパゴスなTRONプロジェクトは潰された。

しかし、池田さんがAppleのうまさとして指摘するのは、モノづくりとしての独断ではない。

オープンかクローズドかというのは、今や競争に勝つ決定的な要因ではない。

エンターテインメントにとって重要なのは、「オープン」かどうかより「クール」かどうかだ。

クローズドだけどクールなモノ(iPadなど)を生み出し、iTunesStoreだけでしかコンテンツはダウンロードできないし、そもそもiTunesStoreの審査もやたら厳しい独断だけど、レーベルやメーカー、出版社の制限がなく、好きなものを選べるというサービスがクール。

モノとかサービスの境目を意識することのない、一連のユーザー体験。これを思い描ける人は少ないのだと思う。SONYのWalkmanはモノとしてクールだったけど、猿でも感動するほどのユーザー体験をCMで想起させたのは広告代理店の企画力だもの。

エレガントな独断ができるのは一握りの天才だけのようだ。でも、その人の描く世界の上で、多くの凡庸な人が夢を描くことができる。

スーパーガラパゴスの元祖、坂村教授のTRONプロジェクトも、大きなビジョンを描いた美しい独断の世界であったと思う。1984年のTRONプロジェクトが、来るべきユビキタス時代(まさに今!)を見据えた日本の新産業時代への架け橋だったような気がする。先人が描いた大きな夢が外圧で強く否定されつづけ、残ったのはうつむき加減な気持ちと、エレガントで力強いリーダーシップの放棄、未来のへ残骸。拾い集めてみてる。負けたのは、政治でなのです。

 - Thinking , , ,

Comment

  1. ともちん より:

    [ブログ更新] エレガントをあきらめた時: iPadから初投稿です。マルチウィンドウじゃないので、web読みながらリンクを張る作業はしづらいです。写真をアップするような日記系ブログなら問題なく気軽に更新できますね。
    iPad出現… http://bit.ly/9RcJOZ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
鳥目じゃないよ。Bird’s Eyeを持つエンジニアに期待大!

DeNAとGREEがエンジニア獲得でも火花を散らしている。中途採用決定者に200 …

no image
抵抗勢力は

今見ています。 公演内容を書き起こしたページはこちら。 書き起こし.com 「国 …

no image
希望に生まれて欲しい

昨日のはやぶさプロジェクトの成功は、久々に希望を感じる出来事でした。 私は理系で …

no image
コンテンツ、デザイン、プログラムの順に大事

ブログ久々になりました。 アプリを作ってみて、プログラミングよりも、ユーザビリテ …

この20年間欠如していたもの

2010年4月12日日本武道館に於ける東京大学大学院入学式での祝辞。 小林久志氏 …

デザイン思考のワークショップに参加して

2011年、地元で過ごしているときにビジネスのアイデアが浮かんで、それをやるため …

no image
才能か、努力か。

京都大学3年生のN君と知り合ったのは1996年頃だったと思う。 当時はブログがな …

う●こで価値を思うなかれ

「お客さんは私の『う●こ』で楽しんでいる」そんなインタビュー記事を昔読んで衝撃を …

no image
大西順子と上原ひろみ

才能を語るにこれほどふさわしい例はないと思う。 随分前になるけど引退を発表した大 …

Lean Startupのシート

WHY HOW WHATのデザイン思考もいいのですが、リーンスタートアップからも …