心はいつもAirPucci (空元気でもいいから)

毎日がPucciを着ているような気分

フレームワークを超えていく、日本ならではの天才。浅田真央。

      2014/04/19


才能があって努力する。真の天才、浅田真央ちゃんが好きでたまりません。

2010年オリンピックの結果は銀メダルと、やや残念でした。キムヨナとの対決は何かと取りざたされましたが、こちらの考察がとっても秀逸でした。

NETMarketing Onlineより関橋 英作氏
第106回:キム・ヨナ選手の金メダルは欧米型マーケティングの典型例

金メダルというゴールに到達するためにキムヨナ陣営は徹底的に分析を行い戦略に落とした

・観客が欧米人
 ・007という欧米人受けするプログラム
 ・欧米人にとってのアジア人を思う流れるようなスケーティングプログラム
・浅田真央の弱点活用
 ・ライバルが苦手とするショートプログラムで差をつける作戦
・採点競技ならではのネットインプレッションの活用
 ・GOEという心象得点をたたき出すためのロビーを含めた活動

ゴールを決め、達成するための戦略に落とし込み、実行していく。その積みあがった点数で(様々な批判はあれど)オリンピックではキムヨナは勝ちました。フレームワーク型戦略の勝利です。007は多少目先を変えていたものの、プログラム自体はあまり進歩がなく面白みがないという声が多くきかれました。

一方、真央ちゃんが自分に科したのは今までの自分にできないこと。同じことをやっていても意味がないと自ら言い切り、誰も理解しない中、難解な『鐘』というプログラムに頑固に挑み続けました。プログラムの難しさ、テーマの難解さゆえ、2009年10月のグランプリシリーズで表彰台を逃すという屈辱を味わっても。

オリンピックyear早々に第一線から消えた真央ちゃん。沈黙を破りついに、年末の全日本、2010年の4大陸選手権で『鐘』を完成させます。

これを見たとき、本当に鳥肌が立ちました。
もはやスポーツの領域にとどまっていない。
抑圧されたロシア国民の感情を込めて作曲したラフマニノフ、多くのロシア国民が思い入れた曲を、すべての身体能力を使って表現する芸術、18歳という年齢で異国の民族感情を理解し表現しきり、大きく評価される。誰よりもプログラムに思いを込めただろう、ロシア人のタラソワコーチが涙するほどに。

関橋氏は、

一方、トリプルアクセルにこだわり、ロシアの怒りと悲しみを表したラフマニノフの「鐘」を選んだ浅田真央選手。とても、勝つための戦略を考えていたとは思えません。誰も到達したことのない技、自分の表現力を超えた芸のことしか眼中になかったのでしょう。

と、真央ちゃんを評します。

日本人の技、仕事は神の領域に達しているのではないかと思うことがあります。

東大阪の工場で職人さんの手作業で磨かれるレンズは、機械で測定しても完璧な球体をしているそうです。
金型職人さんは数ミクロンの違いを感じ取り、手作業で型を起していくそうです。
日本人職人の作る原子炉は、手作業で磨き上げた金属の分子の並びが顕微鏡で見ても均一で丈夫なのだそうです。

分子一つの世界でモノをコントロールする、神は細部に宿るといい、八百万の神を信仰し、自然を崇める、日本人ならではの感覚がなせる業なのでしょう。
”とりあえず使えるもの”という目先のゴールを見るのではなく、真にあるべき姿を見据えて努力する。いや、真にあるべき姿を思い浮かべることができることが、美と技が不可分な世界に生きる日本人ならではだなと感じます。

関橋氏は、

(フレームワーク指向)では、決められた枠の中で多い少ないを決めているだけ。枠からはみ出したモノは生まれないし、想像を超えたような、とてつもないフィギュア(に限らず、よいもの)は出てこない。

と指摘します。

日本人の作り上げるものは素晴らしいのですが、一方で、速さ安さが求められる局面でも完璧を求めてしまうというズレも起していて、スピード感の無さが最近の産業競争力低下の一因にもなっています。

自分を更新し続ける圧倒的な芸か、とりあえずでいいからまず他人をエンターテインするか。

『完璧で素晴らしく美しいものを作る』という日本人が本来持つ真央ちゃん的資質に加え、『とりあえず形にして反応を見ながら柔軟に作り上げていく』というキムヨナ的optionを獲得し、使い分けることができたら最強なのですよね。

それでもやはり、真央ちゃんが好き。真央ちゃん的な真の本物が好きだなあ、と思う私はいかにも日本人ですね。とりあえず、というoptionに抵抗は感じます。それではイカンのです。

 - Thinking , , ,

Comment

  1. ともちん より:

    フレームワークを超えていく、日本ならではの天才。浅田真央。: 才能があって努力する。真の天才、浅田真央ちゃんが好きでたまりません。
    2010年のオリンピックの結果は銀メダルと、やや残念でした。何かと取りざたされたキムヨナとの対決… http://bit.ly/97w694

  2. […] フレームワークを超えていく、日本ならではの天才。浅田真央。 この論評は結構読まれています。 色々考えているなあ。最近の日本人の子はみんないい子さんなのでね、負けてしまう […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
自由が丘のユニクロ

自由が丘にある、ユニクロに買収された旧キャビン系のお店2店舗が閉鎖し、新しいお店 …

この星は私自身(自己否定)

銀河鉄道999でメーテルが機械化母星を破壊しようとするとき、自己の存在が星の発展 …

no image
唯一生き残るのは、変化できる者である

最近、どこかで聞いたこの言葉。 「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生 …

no image
女性技術者

最近、いろんな方とお会いしてまして。特に女性のエンジニア・プログラマーとお会いす …

no image
「希望を捨てる勇気」その2

この本の「希望」とは、笑顔が似あう若者の希望ではありません。不況ネイティブな今の …

WHY-HOW-WHATの関係 その2

wantedly仲さんのWHY-HOW-WHATの導きだし方はWHATから始める …

WHY HOW WHATの元ネタ

ビジネスアイデアを深めるにあたり、 デザイン思考/WHY-HOW-WHATのアプ …

「おもしろい」が好きなようだ

過去に作ったビジネスプランを眺めているのですが、まあ、よくも色々と考えています私 …

Lean Startupのシート

WHY HOW WHATのデザイン思考もいいのですが、リーンスタートアップからも …

デザイン思考のワークショップに参加して

2011年、地元で過ごしているときにビジネスのアイデアが浮かんで、それをやるため …