心はいつもAirPucci (空元気でもいいから)

毎日がPucciを着ているような気分

チャンス

   


『犬飼 ターボ』という面白いペンネームの人が書いたビジネス小説。この本を読んだのは2度目。GW、帰りの飛行機の中で一気に読みました。

1度目は2005年の春。とあるビジネス系スクールに通っていた頃です。15回のカリキュラムのなかで毎回課題図書がでたのですが、そのうちの1冊。

主人公はビジネスでの成功を目指し、メンターに様々な局面で教えをもらいながら自らの考えや行動を変え、最終的には成功するというお話。

通っていたスクールのテーマが『起業』だったのに、当時の私はこの本のストーリーが雲をつかむようでさっぱりわからなかった。起業すればこの本にあるような困難にぶつかるのだろうな、位にしか感じ取ることができなかった。

スクールの同じクラスに、既に起業し順調な方がいらっしゃいました。順調なのになぜ起業スクール?と思ったのですが、大学の先輩で、考えもしっかりしていてすぐさま尊敬するようになりました。その方が、この本を熱心に読みいたく共感しブログにまで書いていたのです。すでに事業を始めて何年か経つからこそいろんなことが学べる、そのようなことを当時おっしゃってました。

事を起こす人にとって大事な、物事の捉え方を、成長の各段階で示されており、
2005年に読んだときよりは幾分か自分が成長している分、学ぶところが多かったです。

豊かさとは決してゼロサムではない、無限にあるものだ

という考えが今回新たに理解しなおした部分です。
これは、豊かさを市場に流通しているキャッシュの総額ではなく、フローの規模や回転率としてみることだと思うのですが、

価値を届けなければ、フローの力が生まれない。価値を届けることがフローを生む力になる。

今回読み直してみて、忘れていた点を思い出しました。
そのほかにも、気づくところはいくつかあり
また時期をみて、何かの課題にぶつかったとき、読み直してみたいと思います。

 - Media , ,

Comment

  1. ともちん より:

    チャンス: 『犬飼 ターボ』という面白いペンネームの人が書いたビジネス小説。この本を読んだのは2度目。GW、帰りの飛行機の中で一気に読みました。
    1度目は2005年の春。とあるビジネス系スクールに通っていた頃です。5回のカリキュ… http://bit.ly/aL8zPP

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「志高く」孫さんの自伝その3

「なんて美しいんだ」震えるほど思ったもの。孫さんが情報通信の世界でビジネスをする …

no image
ロケットを作る植松努さん

北海道で小型宇宙ロケット開発事業に取り組む、植松努さんの講演に行ってきました。「 …

「志高く」孫さんの自伝その2

孫さんは1957年生まれ。大変貧乏な子供時代だったそうだが、貧乏を悪いことと考え …

no image
もう一度、Future Vision

2019年の世界。あと7年。 登場人物に日本人がいない事にも注目してほしい。 関 …

電子書籍の衝撃

iPadの予約、孫さんと佐々木さんの光の道対談を経た今、ようやく佐々木俊尚さんの …

no image
新ノマドって?

佐々木俊尚さんの『仕事をするのにオフィスはいらない』を読みました。まだ使ったこと …

no image
夏休みの課題:銀河鉄道999を見る

ラピュタでバルスするのと同様に、銀河鉄道999を見るのが私的夏休みです。 銀河鉄 …

さいならテレビ。Ustreamは見ます&放送もしますよ。

孫さん(@masason)と佐々木俊尚さん(@sasakitoshinao)の対 …

no image
苦手なタスク管理のために読んだ2冊

ToDo管理が苦手なため、何とかしたくて読んだ最近の2冊。 稼げる 超ソーシャル …

no image
報道が「放射性物質」「放射線」「放射能」を混同していてわかりづらい

「放射能がくる」と、どうどう書いて失笑をかったAERA。しかしテレビ報道を見ると …