心はいつもAirPucci (空元気でもいいから)

毎日がPucciを着ているような気分

答えが出ない。 『社会起業家VS起業家』に関するメモ。

   


昨日の小さなチーム、大きな仕事―37シグナルズ成功の法則で、規模の追求を求めない点が社会起業家っぽいなと思った点で、最近引っかかっていることがあるのでメモっておく。

『社会起業家VS起業家』というテーマでちょっとした論争があったようだ。
きっかけは、東洋経済に社会起業家を批判する記事らしいが、私は元記事を読んでいないので、なんとも考察ができない。

東洋経済の記事内容はこちらのブログに引用されている。

Days like thankful monologue
病児保育のNPO法人フローレンス代表 駒崎弘樹のblog
東洋経済でサイバーエージェント社長らに社会起業家がおおいに叩かれている件について

サイバーエージェントの藤田氏、元MSの成毛氏、マネックスの松本大氏からの社会起業家への批判があったようだ。その批判に対し、先のブログ内で駒崎氏が反論している。
また、松本孝行氏も反論している。

アゴラ
社会起業家の誤った認識 – 松本孝行

これに対し、ホリエモンさんが、強烈な反撃を加えるという形。
社会起業家とか眠たいこと言ってんじゃねーよとか私は思うけど。

一方で、グロービスの堀氏も社会起業家について考察を加える。
社会起業家vs起業家
社会起業家&(アンド)起業家

一連の批判の流れに対し、マザーハウスの山崎氏の主張が結論になっているのではないかと私は思う。
社会起業家VS起業家
堀さんとの議論を前に

登場したのは以下の方々。

○起業家、旧企業家
サイバーエージェントの藤田氏、元MSの成毛氏、マネックスの松本大氏、ホリエモンさん、グロービス堀氏

○社会起業家、新企業家
フローレンス駒崎氏、松本孝行氏、マザーハウス山崎氏

2つの陣営で決定的に違うのは年齢だ。
起業家、旧企業家の方々は、バブルを社会人として経験しているか、ITバブルそのものを生み出してしまった勢いのある方々だ。
新企業家の方々は30歳前後。既に豊かになった後に生まれ大きな経済成長を経験していない。
彼らの主張はおおむねこうだ。
・あらゆるモノやサービスがそろいコストが低下するなか、もはや経済価値があるものなどないのではないか
・だから社会価値があるものを経済価値があるものとして認めるのだ
誰でも乗れるような大きな経済成長がないことが前提になっている。

これに対し、旧企業家の主張はこうだ。
・成功して会社の規模が大きくなれば雇用も生み出すので社会貢献になる
・海外に生産を委託する場合でもその土地で雇用を生んでいるのだから社会貢献している
・社会企業家だなんてきれいごと言って、ビジネスの戦いから逃げているか、たまたま不景気だから逃げているだけでは?

このようにまとめていると、社会起業家VS起業家は規模を重んじるか否かにあるように見える。USの若いベンチャー、37signalsも収益性は重んじているけど規模は重んじていない。

今の世の中、暮らしに必要な最低限のインフラは整っている。右肩上がりを生み出すような、greedyでuglyな消費の仕方はしない。

私の結論は出ていない。年代的には旧企業家陣営だ。でも、私の父が勤めていた会社が会社の目先利益よりも地域の利益を優先する志をもっていたことを知り、会社の社会での役割を中学生のころ覚えた経験があって、新企業家の心情も理解できる。

マザーハウス山崎氏の考察はとっても深い。氏の主張が結論のように思える。

私たちが大事にしている言葉にクオリティとストーリーがあります。
クオリティはバッグが持つデザインや品質、
すなわちバッグの持つ本質的な価値を意味している一方、
ストーリーとは商品の持つプロセス、すなわち、誰がどんな思いで、
どのような経路を辿って、作られたモノなのかを意味しています。
更に、その商品をお客様が購入することによって、
一体この経済社会にどんなインパクトをもたらすのかというゴールまでを意味しているのです。

私たちがこのような言葉を理念の中に掲げているのは、
ポスト高度消費社会における経済人(消費者・投資家・労働者)が
自らの新しい可能性見出す必要があるという思いからです。
情報コストが限りなくゼロに近づいていっている中で、
私たちの経済活動が透明化される途上にあり、
その途上の中でお客様一人一人が購買活動等で与える経済的インパクトを
認識できるようになってくるということです。

モノやサービスが生まれ届けられるプロセスすら可視化され、各プロセスの影響すら評価される時代。
この時代認識が、旧企業家世代にはないような気がする。しかし、世代間の闘争なのだろうか?

山崎氏の意見を読むと、社会起業家VS起業家というよりは、ビジョナリーか否かに思える。
社会起業家と呼ばれる方の理念が社会への貢献にあり、それは時代の要請ではないだろうか?

 - 空元気な日々 , ,

Comment

  1. ともちん より:

    [ブログ更新] 答えが出ない。 『社会起業家VS起業家』に関するメモ。: 昨日の小さなチーム、大きな仕事―37シグナルズ成功の法則で、規模の追求を求めない点が社会起業家っぽいなと思った点で、最近引っかかっていることがあるのでメモ… http://bit.ly/9DOzjH

  2. kokuten より:

    社会起業家VS起 業家 http://bit.ly/a2K6E7

  3. […] This post was mentioned on Twitter by kokuten, ともちんと甘えっこさんから呼ばれます. ともちんと甘えっこさんから呼ばれます said: [ブログ更新] 答えが出ない。 『社会起業家VS起業家』に関する […]

  4. […] 調べている余裕がないので、忘れないうちにメモ。 昨日のブログ答えが出ない。 『社会起業家VS起業家』に関するメモ。でアラサーに社会企業家が増えているのは、今後経済成長が見込 […]

  5. […] 色々考えて、意義のある消費にたどり着いている。 マザーハウス副社長の山崎氏考察のとおり、でした。 […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
45カフェです

関連しそうな記事 チップ・コンリー氏について マザーハウスのカバンを買いました。 …

no image
負ける予感がした1995年。

天安門事件やらバブル崩壊やらの年に、仕事に自立と国際性を求め、消去法でIT業界に …

子宮頸癌の疑いから問題無しへの一年でした

今年もよろしくお願いしますからはや12ヶ月。もう年末。12月31日おおみそかです …

浅田真央展 京都と新宿高島屋あわせて神会でした。

たかしまお展こと、浅田真央 23年の軌跡展の日本橋高島屋会場、横浜高島屋会場につ …

真央ロスなう

ソチが終わってなんだかんだで真央ちゃんいなくて寂しい。 関連しそうな記事 浅田真 …

no image
クックロビン音頭

最近下らない事ばかり思い出すのですが、鮮明に思い出した「パタリロ!」の思い出。 …

no image
事業化の失敗を振り返る

年明け初ブログ、かなり久々になってしまいました。 ここ1,2年、どんよりと過ごす …

no image
ToBe

テックもマーケも同時に有機的な形で出せるようになりたい。そのような人は少ないし才 …

松江オープンソース活用ビジネスコンテストに入選しました。

RailsGirls松江のときに、存在を知った松江オープンソース活用ビジネスコン …

no image
高橋大輔選手の進化をプログラム曲からみる

オリンピックの選考結果を待ってしまうと書けなくなりそうなので、書いています。 今 …