心はいつもAirPucci (空元気でもいいから)

毎日がPucciを着ているような気分

「志高く」孫さんの自伝その0

   


孫さんの自伝を読みました。「志高く」電子書籍をiPhoneで。
(iTunesストアへ。)

子供をグローバル時代に活躍する人に育てたいと思っている親御さん、そうなりたいと思っている若い人にはぜひ読んでいただきたいです。大学生は必読。現在の日本の状況が面白くないと思っている中高年にも読んでいただきたいです。
子育て世代のお母さんもぜひ。今までの常識のいくつかはくだらないものとなって吹きとびますよ。

電子書籍でGW中に旅しながら読了。あまりの内容のすごさ、すなわち、孫さんの生き様に圧倒され、レビューが今頃に。内容盛りだくさんなので何回かにわけて書きたいです。

そもそも、まだ生きている人の自伝を読んだのは何年ぶりでしょう?。確か中学生の頃。武満徹さんの自伝を読んで以来です。当時はご存命で、現在の初台オペラシティの構想が描かれていたことを強く覚えています。美しい音楽だけでなく、夢のあるものを残すため色々考えてくださっていることがうれしく思いました。初台オペラシティは日本の中で一番大好きなホールです。

存命中の人で、自伝といえるほど内容の濃い本はなかなか思い当たらない。(現在は故人ですが)武満徹さん、小澤征司さん。そして孫さん。共通するのは、今までの常識をものともせず世界に打ってでているところでしょう。

この本を読むまで、孫さんについて私が伝聞で知っていたことといえば

●社員3名時代にみかん箱の上に乗ってソフトバンクは「世界一の会社になる」と演説したという伝説
→伝聞で聞いた話なので、ついている尾ひれは「しょっている馬鹿だキ○ガイだ変人だ(常識はずれでやや侮蔑の意味を含む)」という類のもの。
●頭からガソリンをかぶり手にはライターを持って、ダークファイバー開放を郵政省(現在の総務省)へ直訴した
→これも伝聞で聞いた話なので、ついている尾ひれは「一人で役所を変えたキチ○イ変人」で、「利権の塊で梃子でも動かない役人(とそれにぶら下がっている半公務員数百万人)を変えるにはあそこまで頭がおかしくないとできない(凄すぎるという意味で尊敬の意味を含む)」というもの。

個人的な興味は、ソフトバンクという雑誌社が、どういう曲折で通信インフラ会社になったのかというところに興味はありました。正直、この2つの伝聞以外に孫さんについて知っていることは無かったし、あまり興味も無かった。

かなり凄かったです。孫さんが在日韓国人3世として生まれたというバックグランドを除いても、常識をはるかにしのぐ、方法、発想、行動力、エネルギー。間違いなく、”世界がフラット化してしまった新時代の” リーダーシップを持つ数少ない人ですし、それがどう育まれるのか教えてくれます。

常識は社会生活をスムースにしてくれる便利なプロトコルですが、ともすれば凡庸な人のための相互監視システムになってしまいます。
自分の子供時代の希望を思い出してみると、常識が味方してくれないことが多かった。それが時折悔しいと思う。

これからの人は新時代の生き様を探って欲しいし、これからの人を支える環境にいる人には旧時代の常識でこれからの人を阻害しないで欲しい。電子書籍ならすぐに読めるし、お手ごろ価格(350円)ででているので、一度読んでいただきたいです。

レビューは続く。

 - Media , , ,

Comment

  1. ともちん より:

    [ブログ更新] 「志高く」孫さんの自伝その0: 孫さんの自伝を読みました。「志高く」電子書籍をiPhoneで。
    (iTunesストアへ。)
    子供をグローバル時代に活躍する人に育てたいと思っている親御さん、そうなりたいと思っている… http://bit.ly/c8006g

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「志高く」孫さんの自伝その3

「なんて美しいんだ」震えるほど思ったもの。孫さんが情報通信の世界でビジネスをする …

no image
ロケットを作る植松努さん

北海道で小型宇宙ロケット開発事業に取り組む、植松努さんの講演に行ってきました。「 …

電子書籍の衝撃

iPadの予約、孫さんと佐々木さんの光の道対談を経た今、ようやく佐々木俊尚さんの …

いまさらながら「フラガール」

2006年公開の映画、ようやくDVDで見ました。テレビ放映も既にあったはず。。遅 …

no image
南場智子さんの「不格好経営」を読みました

本はうっかり増え続けるので、小さな本棚スペースを決めて「あふれたら売る」というル …

はやぶさ × twitter

金星と月のランデブー 野口さんの宇宙からの帰還 そして、本日6/13、はやぶさの …

no image
報道が「放射性物質」「放射線」「放射能」を混同していてわかりづらい

「放射能がくる」と、どうどう書いて失笑をかったAERA。しかしテレビ報道を見ると …

報道されている放射線量の単位がバラバラでわかりづらい

福島原発の事故、本来は地震被災者を心配すべきなのに、この事故に関心がいってしまい …

no image
5日で身に付く伝える技術

久々の書評。尊敬する先輩の推薦図書です。 「5日で身に付く伝える技術」読むだけな …

no image
小さなチーム、大きな仕事―37シグナルズ成功の法則

電車の細切れ時間を使って読了。 アメリカの37シグナルズというネットベンチャーの …