心はいつもAirPucci (空元気でもいいから)

毎日がPucciを着ているような気分

「希望を捨てる勇気」その0

   


どうやら同じJiyugaokanな池田信夫先生の本。ようやく読みました。

この本は若い人に売れているそうです。
私はマクロ経済にはとんと疎いのですが、この本は失われた20年と言われる日本の経済停滞の原因を様々なデータを提示しながら指摘しています。国際社会の変化に対応できず高度経済成長を支えた制度のまま硬直化した労働環境、産業構造が元凶と。

「希望を捨てる勇気」というタイトルにある「希望」とは、この本では「いつか日本もそのうちに適当に復活するだろう」という根拠不明な観測を持っている甘えた中高年の希望を指しています。彼らに足りないのは「日本はもはや成長しないという絶望」であり、彼らの絶望が足りないので変わっていこうともしないと。

私は失われた20年を社会人として過ごしてきています。

1995年ごろまでなら何とかなっていた。でもその後は、だましだまし。失われた20年の最初の10年も知らない人に本書は読まれているのでしょう。池田氏のご指摘はまさにそのとおりです。

日本の金融資産をキャッシュで持つお年寄りと、社内失業しているワーキングリッチな中高年で日本はあふれかえっています。

自分の頼りにならない失われた20年の記憶をたどりながら、感想を書いてみたいと思います。

つづく。

 - Media ,

Comment

  1. […] 「希望を捨てる勇気」その0を書いて1ヵ月半。うう。この間、私には希望がなかった。希望ってなんだろう。 失われた20年。日本は低迷しています。もはや低迷が当たり前で不感症状態 […]

  2. […] 「希望を捨てる勇気」その0を書いて1ヵ月半。うう。この間、私には希望がなかった。希望ってなんだろう。 失われた20年。日本は低迷しています。もはや低迷が当たり前で不感症状態 […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

電子書籍の衝撃

iPadの予約、孫さんと佐々木さんの光の道対談を経た今、ようやく佐々木俊尚さんの …

no image
苦手なタスク管理のために読んだ2冊

ToDo管理が苦手なため、何とかしたくて読んだ最近の2冊。 稼げる 超ソーシャル …

no image
新ノマドって?

佐々木俊尚さんの『仕事をするのにオフィスはいらない』を読みました。まだ使ったこと …

no image
もう一度、Future Vision

2019年の世界。あと7年。 登場人物に日本人がいない事にも注目してほしい。 関 …

「志高く」孫さんの自伝その2

孫さんは1957年生まれ。大変貧乏な子供時代だったそうだが、貧乏を悪いことと考え …

no image
20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義

「いま、手元に5ドルあります。二時間でできるだけ増やせと言われたら、みなさんはど …

no image
「希望を捨てる勇気」その2

この本の「希望」とは、笑顔が似あう若者の希望ではありません。不況ネイティブな今の …

「志高く」孫さんの自伝その3

「なんて美しいんだ」震えるほど思ったもの。孫さんが情報通信の世界でビジネスをする …

no image
「希望を捨てる勇気」その1

「希望を捨てる勇気」その0を書いて1ヵ月半。うう。この間、私には希望がなかった。 …

no image
報道が「放射性物質」「放射線」「放射能」を混同していてわかりづらい

「放射能がくる」と、どうどう書いて失笑をかったAERA。しかしテレビ報道を見ると …