心はいつもAirPucci (空元気でもいいから)

毎日がPucciを着ているような気分

事業化の失敗を振り返る

   


年明け初ブログ、かなり久々になってしまいました。
ここ1,2年、どんよりと過ごすことが多かったのですが、昨年末ごろからなんとなくいろんなアイデアが浮かんできて、アントレプレナーモードに入りつつあります。

その前に、自分が会社で、または自分のビジネスとして事業化を試みて失敗した理由を自分のために記録しておこうと思います。

ビジネス①
「商用音楽家になって食ってやる」
【ビジネス策定の経緯】昭和の若くして引退した伝説の歌手が遠縁にいて、小学校3年生から作編曲していた私は近所のおばさんに「作家になると儲かるよ」といわれ本人もその気でした。しかし学業優秀で?レールにあがなえない学生時代に。社会人になって会社だけ人間になるのが嫌になり、プロになることに再挑戦開始。最初は食っていけないのと、ブランクが大きいため、10年後に生計を立てることを目標とし、年間目標を毎年策定、達成しなかったら辞めることを自分との約束にしました。
【辞めようと思った経緯】音楽事務所から声がかかり、オーディションも通るようになり、作品を持っていけば認められるようになり、プロの入り口には立ちました。ある日、某老舗歌番組で、大物グループのヴォーカルだった人が大物歌手のために作ったデュエット曲として作品が使われましたが、それは事務所に出したデモテープが知らない間に転売されたものでした。ここでマネージャーにギャラを掛け合うべきですが、それができず、短納期3日徹夜納品作業にも耐え切れず、早々に足を洗うことにしました。
生き馬の目を抜く業界、同時期に業界入りして今でも売れているのは一人。バークリーを出た先生は弁護士に転身。音楽事務所で声をかけてもらったイケメンアーティストは携帯音楽配信会社を立ち上げ若くして成功した社長さんになっています。
【敗因】
・才能を認められることに執着しており、稼ぐことに執着していなかった
・そもそも、ビジネスがわかっておらず、人のために自分の才能部分を提供することに抵抗があった
・才能だけで売るにはスタートが遅すぎ

ビジネス②
「ポータルサイトが作りたい」
【ビジネス策定の経緯】ブログがはやりだした2004年ごろ、とあるジャンルで人気ブロガーとなりました。そのアクセスをビジネスに転用したく、当時はやっていた女性サイトをジャンルに特化して構築
【辞めようと思った経緯】この頃、某起業塾に通う。サイト参加企業を募りサービスをバウチャー化して他の企業に売るモデルを考えたが、企業塾主催の女性オーナーに「なんであなたがするの?そのサービス私がやるから」とお金を払っているのにアドバイスがろくにもらえない状態に。サイトも趣味から手探りで進めたため戦略性がなく、ターゲットが不明確となり、メリットが薄い状態に
【敗因】
・ビジネスモデルの構築はできるようになったが、戦いへの構えがたりなかった
・インターネットサービスサイトの理解が不十分、立場の異なるサイト参加者のベネフィット設計ができておらず継続しづらいモデルに

ビジネス③
「スタンダードになる業界基準をいち早く察知、業界基準をクリアするためのサービスを日本で最初にサービスインさせる」
これは会社で。今現在、業界の人なら誰でも知る基準です。USの有力会社と交渉についていましたが会社のビジネスレイヤーと会わないという理由で参入しないことに。USの会社も日本法人を作って日本市場に参入しました。これは実行前にやんぴ。

ビジネス④
「会社の既存顧客にupsellできるサービスを作る」
台湾の会社と交渉し、こちらはサービスイン。そこそこ成功。

ビジネス⑤
「既存のリソースを使って新しいサービスを生み出す」
ビジネスプランが進む中、さまざまな思惑で利用したい人が増え、総花的になり、ターゲットは明確なものの、ビジネスゴールが不明確となる。それをレベニューシェアモデルで始めたため、収益部分を捨てきれないというジレンマに。

ビジネス⑥
「無名な人が作ったものをネットで売る」
これもそこそこ成功。ターゲットを明確にし他と差別化した商品構成が受ける。サイトのユーザービリティとプロモーション、買いたい気持ちに火をつける演出のノウハウを得る。無名だった人が知る人ぞ知るになり、どんどん他にまねされるようになり、仕入れが困難となる。会社の仕事と並行するのも忙しく大変に。このビジネスは卒業し、次へと進むことに。

実際に進めることなくアイデアで終わったのもいっぱいありますが、
「絶対無理」「なんでお前がやる必要があるの?」と揶揄されたり妬まれたり馬鹿にされるようなことほど進めたくなり、またそのほうがうまくいくのは本当かもしれません。

私個人の傾向として、
・立ち上がりが想定よりも遅いと嫌になり
・競合がわんさか出てくると嫌気がさす
というのがあるようですが、よくもあり、悪くもあり。
ビジネス①は狂ったような思い入れでやっていましたが、その後色々経験した今、もう一度、狂ったような思い入れで何かやってみたいと思います。

 - 空元気な日々 , ,

Comment

  1. ともちん より:

    blog update: 事業化の失敗を振り返る http://www.airpucci.com/?p=1736

  2. […] ビジネスはいくつか失敗の経験があるので2つのメソッドの有効性を直感しているのだと思います。 […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

oggi買ってしまったソーシャル

twitterで目にしてしまい、oggi買ってしまいました。 久々に買ったという …

no image
45カフェ

関連しそうな記事 勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド 敬語使えない …

no image
人物撮影ってむずかしい

最近人を撮影させていただきました。 私ってば、ネットショップが得意なので商品撮影 …

月間10,000PV達成しました。ありがとうございます。

心はいつもAirPucciという超個人的なブログ、本日月間10,000PV達成し …

no image
チップ・コンリー氏について

現在読み進めている「ザッポスの奇跡」という本の中で紹介されているチップ・コンリー …

smile 浅田真央 展 日本橋 高島屋 2回目行ってきました。

「浅田真央23年の軌跡展」入場者10万人を突破とのこと。真央ロスを激しくこじらせ …

no image
ブログのアクセス数

最近またこのブログ(心はいつもAirPucci (空元気でもいいから) )を頑張 …

no image
負ける予感がした1995年。

天安門事件やらバブル崩壊やらの年に、仕事に自立と国際性を求め、消去法でIT業界に …

no image
smile 浅田真央ちゃんありがとう

浅田真央ちゃんオリンピック代表選手決定おめでとうございます。今日の全日本は調子悪 …

the first 10 years of 21st century has past

21世紀最初の10年がもうすぐ終わる。いつの時代も変化は激しいけれど、この10年 …