心はいつもAirPucci (空元気でもいいから)

毎日がPucciを着ているような気分

wetなnipponソーシャルは金の力に勝つのか?

   


楽天が金いやポイントの力でレシピサイトに参入しているのが話題だ。
楽天レシピ

その仕組みは猛烈に先行者ガリバーのcookpadを意識している。
cookpad

私はどちらかというとe-recipeが好きで、e-recipeも含めていろんなレシピを検索できるYahoo!レシピを使う事が多い。

正直、cookpadはかわいい自分が好きな30代専業主婦コミュニティって感じで引いてしまうのです。

 レシピ数は膨大だけど素人撮影の料理写真で美味しそうに見えないのが多くて残念。

なのに、

 レシピ投稿者に対して「つくレポ」という
 「あなたの投稿したレシピがとっても素敵そうだったので
  マネして作らさせていただきました
  ありがとうございます
  私のこともよろしくお願いします」

的な関係性(コミュニティ)を生む機能がある。それはとっても濃密だ。まるでmixiみたい。

そう、cookpadはmixiみたい。ユーザー層も30代専業主婦と、mixiと重なる。ガラケーによるwetで濃密な日本独自のclosedソーシャル(外から関係性が見えるopneソーシャルとは違ってね)で育った世代。

もともとcookpadは「美味しいお料理のレシピを考えて作ったのに誰もほめてくれない」というお料理愛好家さん(30代かわいい生活している自分好きな専業主婦、いや、女子)向けにできたサイトだそうです。

ならば、サイトがそういう文化を持つのもわかる。初期はレシピ投稿ユーザーからお金を取っていたというのだから、「レシピを知らせたい、みんなに作ってもらいたい」というキモチから生まれる文化はcookpadにおいて本物というか企業の存在意義ですね。
今ではレシピ投稿も無料でできるけど、一部検索機能は有料。cookpadの収益の約50%が有料会員費であり、しかも前年度比150%近くの驚異的な伸びをしている
1本筋が通っていてかなり凄い。

cookpadの濃密なコミュニケーションを生むための機能「つくレポ」も楽天レシピは搭載。しかもユーザーはお金を払うのではなく、ポイントをもらえるのだ。完全に金の力にモノをいわせてcookpadユーザーを巻き取ろうとしている。

だからといって、楽天レシピに「レシピを知らせたい、みんなに作ってもらいたい」というキモチから生まれる文化は根付くのだろうか?
そうは思えない。

そんな文化が無くてもユーザーが集まるサイトとして楽天レシピは発展していくのだろうか?ポイントの力で?

mixiでの濃密でwetなnippon型closedソーシャルに慣れ親しんだ人達がなかなかfacebookに流れてこないように、楽天レシピによるcookpadの巻き取りは難しいのではないか?

でも、楽天レシピの狙いはcookpadユーザーの巻き取りではないように見える。

彼らにとってレシピサイトはユーザーコミュニティではない。ECへの単なるドアページだ。ポイントを使って素人にドアページをどんどん作ってもらっているだけのように見える。ページが増えれば目的達成、コミュニティの醸成など最初から考えていない。

ならば、ユーザーも
「ポイントが貰えるんだったら楽天レシピにも書くよ。でもcookpadにも書くしメインで使うよ。だって友達がいるからね。」
と、賢く使い分けしそうな気がする。

楽天に行ってみたけど、どこにレシピサイトができたのかわかんなかった。

この、いかにもお金のニオイがするバナーがそれだったとは。。

 - Thinking , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
唯一生き残るのは、変化できる者である

最近、どこかで聞いたこの言葉。 「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生 …

no image
giftedその後

2000年頃の私は才能をお金に換える事ができませんでした。売れたら請求というビジ …

no image
エレガントをあきらめた時

iPadから初投稿です。マルチウィンドウじゃないので、web読みながらリンクを張 …

no image
報道が「放射性物質」「放射線」「放射能」を混同していてわかりづらい

「放射能がくる」と、どうどう書いて失笑をかったAERA。しかしテレビ報道を見ると …

no image
企業『も』拠出する、東北震災むけ募金サービス

東北震災が起きて、初めての月曜日。企業の支援活動が多くプレスリリースされました。 …

no image
全部同時。

やりたいことがあって、なんとかしようとしているのだけど、 誰かに協力を求めると、 …

WHY-HOW-WHATの関係 その1

WHY-HOW-WHATの導きだしを先日のデザイン思考ワークショップでやったので …

no image
コア機能、コアバリュー

とにかく自分でプロトタイプつくってみないと!と思い立って、railsやり始めて2 …

この20年間欠如していたもの

2010年4月12日日本武道館に於ける東京大学大学院入学式での祝辞。 小林久志氏 …

う●こで価値を思うなかれ

「お客さんは私の『う●こ』で楽しんでいる」そんなインタビュー記事を昔読んで衝撃を …