心はいつもAirPucci (空元気でもいいから)

毎日がPucciを着ているような気分

新しいグランドデザインを。

   


 『地震! それは愛の秩序まで引っくり返すものと見える。』

不謹慎かもしれないけど、堀辰雄「麦藁帽子」のフレーズが頭から離れない。なんのことは無い。高校の教科書に載っていた。好きな子に好きだと言えないファンタジックな主人公(15歳男子)。面倒くさくイライラするタイプで、「はっきり好きだと言えばいいのに」と苦しみながら読書感想文を書いた覚えがある。美女A子は「主人公は恋に恋してるだけだ」と高校生のくせに百戦錬磨老生した感想を言い放ち皆をうならせていた。

「麦藁帽子」で描かれた地震は関東大震災だそうだ。

愛の秩序、人の気持ちや行動まで一瞬で変わってしまうことってあるのか?とずっと気になっていたのだろう。やっぱり不謹慎だな。高校生の時の気持ちなので許して欲しい。

秩序も価値観も変えてしまう地震。

被災地の復興は今後もちろん行っていく必要がある。
福島の原発は首都東京の旺盛で贅沢で強欲な電力需要向けだ。今回の事故で廃炉、新しく原発を作ることもできないだろうから、首都圏の電力回復には時間がかかる。東京はその間、電力不足に耐え忍ばなければならない。復興を待ちわびながら。

復興てなんだろうか。退屈で、もう結論は決まっていて、老人は動かず、若者は最初から諦めていて、中年は適当な、日本社会に戻るのだろうか?

元に戻るかもしれない。価値観も仕組みも全てそのままで。

元に戻したいだろうか?嫌だという人は多いだろう。では、どう変えたいの?いま、ここで何もしなければ何もひっくり返らない。自分で何かをしなければ。

エネルギーに関しては、省資源国として培ってきた原発技術がクリーンエネルギーの追い風を受け、ようやく輸出産業となったタイミングで、自ら駄目にしてしまったことは本当に悔しい。だからといって火力に戻すのは反対。暫定的に利用するのは仕方がないけど、、、

よりクリーンで、安価で、誰でも所有することができ、いつでも使え、ときには分け与えることができるような仕組みが欲しい。可能性のある技術はいくつかあるはずだけど、技術を実用化するだけでは駄目で、集約された大きなところ(電力会社)からの分配に甘んじる現在の仕組みを変える必要がある。

電力に限らず、上から与えられたものを待つのではなく、皆が自分の手を少しづつ動かして必要なものを自分で生み出し、時には譲り譲り受ける共生の仕組み。トフラーが言っていた、プロシューマーみんなで財を最適化するような社会がよいな。正直、本当に必要なモノは美味しい食べ物以外無いような気がするのだ。お金すら、ポイントとしての意味合いしか無くなっていくような気がする。価値のあることには投資して全力開発し高く取引するけど、日常はきわめてローコストで穏やかな。

でも、黙っていたら、今までのように利権者が立ち回ってあっという間に硬直化した社会に戻りそうだ。

愛の秩序をひっくり返すような地震にあった後も、ファンタジックではっきりとした行動に出ない「麦藁帽子」の主人公は女の子に告白できず、女の子からのアクションがあることを妄想し続けた。当然何もおこらない。高校生だった私の感想文は主人公をコテンパンにする内容だった。

でも、この地震の後の人々は変わってしまうと思う。私も含めて。気持ちや価値観に変化が既に起きていて、比重を置くところが変わり、行動が変わり、お金や働き方の流れ方がかわっていくと思う。あの世に持っていけるのは愛情しかないし、元気があれば何でもできるのだ。

【送料無料】風立ちぬ/美しい村改版

【送料無料】風立ちぬ/美しい村改版
価格:340円(税込、送料別)

堀辰雄は絶版なのだそうです。

「麦藁帽子」は青空文庫で

 - Thinking

Comment

  1. ともちん より:

    blog update: 新しいグランドデザインを。 http://www.airpucci.com/?p=2246

  2. RT @tomochin1: blog update: 新しいグランドデザインを。 http://www.airpucci.com/?p=2246

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
楽天優勝&ヤフオク無料化記念、事業アイデアさらし

楽天優勝おめでとうございます。 色んな見方があるとは思いますが、マー君の登板、昨 …

なぜお勉強する必要があるのか?

About Meもちょっと書き換えたし、 デザイン指向のワークショップに参加した …

WHY-HOW-WHATの関係 その1

WHY-HOW-WHATの導きだしを先日のデザイン思考ワークショップでやったので …

no image
内部被曝の考え方

福島の原発事故から約1ヶ月。放射線および放射性物質の量を常にチェックするという近 …

no image
抵抗勢力は

今見ています。 公演内容を書き起こしたページはこちら。 書き起こし.com 「国 …

no image
Perfect MECE – 人の命を預かるものを作るということ

全ての電源が失われるというケースを想定していなかった。 最近とても人気なNHK水 …

no image
高橋大輔選手にふりかかった偽ベートーベン事件。なぜゴーストはだめなのか。

高橋大輔選手がソチオリンピック会場に到着したそうで、怪我の影響が心配ですが、頑張 …

WHY-HOW-WHATの関係 その2

wantedly仲さんのWHY-HOW-WHATの導きだし方はWHATから始める …

忘れていたMade in Japan

Googleのパックマンロゴ、1億2000万ドルの損失もたらす——米調査 &#8 …

no image
「希望を捨てる勇気」その2

この本の「希望」とは、笑顔が似あう若者の希望ではありません。不況ネイティブな今の …