心はいつもAirPucci (空元気でもいいから)

毎日がPucciを着ているような気分

ここは日本の未来

      2011/07/18


毎日の放射線量を気にしながら生きる日々は「未来に来てしまったんだな」と思ったものですが、そんな未来が途方もない過去のように思えるような未来に私は来てしまいました。

放射線量を気にしながら生きる日々が2011年とするなら、私が今いる未来は2050年。

なんてことはない。実家に戻りました。
実に四半世紀ぶりです。

毎年帰省はしていたのに気づきませんでした。ここはとんでもない、日本の未来。

恐ろしい勢いで少子高齢化が進んでしまったのです。完了形です。
人口は四半世紀前に比べると10%減少していますが、体感する人口減少は6割減といった感じ。

しかも人々に活力が感じられません。人がいない。いや、人はいますが若い人がいなくなった。そして優秀な人がいなくなった。老人は大勢いるはずなのに、あまり見かけません。みな引きこもっているのです。つまり、誰もいないのです。

生産人口は見た感じで平均年齢40歳を超えていると直感しましたが、データで確認したところ、そのとおりでした。半数が未だに製造業に従事しています。地元出身企業も多い上に、SONY,SHARP,PANASONIC、、、名だたる企業の工場も多く職には恵まれている土地柄とは思いますが、国際競争が最も激しい製造業に頼った産業構造でこのまま続いてもいいのだろうか?不安がよぎります。

全ては予測されている未来の日本の課題。

それが全て現実問題として、ここでは起きてしまっている。

世界級の自然は相変わらずすばらしく美しく、ただ駆け抜けてしまった現実には、戦いが終わったラピュタのような既視感があります。

正直、逃げようかと思った。

でも。この問題はいずれ世界中のどこもが直面する。私は40年後に直面したいのか?そのとき何ができるのか?ただの高齢者の私に。

腹をくくって2050年の未来に生きる事にしました。

 - Thinking ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ユニクロ&東レの理想的な躍進。なのにGDPで中国に抜かれるって?

蒸し風呂で有名な京都の夏よりも暑く感じる今年の東京。本日も各地で38度超え。 こ …

no image
企業『も』拠出する、東北震災むけ募金サービス

東北震災が起きて、初めての月曜日。企業の支援活動が多くプレスリリースされました。 …

no image
大西順子と上原ひろみ

才能を語るにこれほどふさわしい例はないと思う。 随分前になるけど引退を発表した大 …

「おもしろい」が好きなようだ

過去に作ったビジネスプランを眺めているのですが、まあ、よくも色々と考えています私 …

no image
人によって異なる。放射線に対するリスクの捉え方。

最も関心の高い事項なのに、物理学者は生体メカニズムを理解しておらず、医療向け放射 …

no image
Perfect MECE – 人の命を預かるものを作るということ

全ての電源が失われるというケースを想定していなかった。 最近とても人気なNHK水 …

no image
東北地方太平洋沖地震の被災地に義援金を送るには

東北地方太平洋沖地震で被災された方に心よりお見舞い申し上げます。 被害状況が明ら …

no image
内部被曝の考え方

福島の原発事故から約1ヶ月。放射線および放射性物質の量を常にチェックするという近 …

no image
めずらしく激褒めされているiPad

朝起きたら、iPhoneを手にし、Sleep Cycleで睡眠状況を確認し、メー …

no image
消える

ゆく年来る年には少し早いけど、、今年は色んなものが消えてしまった年でした。 震災 …