心はいつもAirPucci (空元気でもいいから)

毎日がPucciを着ているような気分

死んでしまえばいいのにと思っていました

      2013/09/26


1998年頃だったと思います。商用作家としてやってみたいなと思ってから徐々にステップアップし、当時はプロ作家さんのところに出入りしていたかな。しかし、商用の世界は巨大プロモーションで一部の人が記録的な売り上げを作り、啓蒙でリスナーを育てることが無くなり、市場はぺんぺん草も生えない状態に荒らされたような時期でした。絨毯爆撃さながらの現場に新人が入り込む余地などなく、今売れてるプロデューサーなんて死んでしまえばいいのに、と自分のタイミング悪さを恨んだものです。

その後小室さんはあのようなことになり、そして佐久間さんは末期がんだとか。
佐久間さんと言えば「音楽家が音楽を諦める時」このエントリーは方々で反響を呼んで、老害と揶揄もされたようですが、正直私も老害だと思いますよ。
ま、市場のあり方がかわったといいますか、メディアはトリガーにすぎず、昔のようにメディアを美しくパッケージし手の届かないものとして大切にあがめるものではなくなったということを佐久間さんなりに書かれた文章でした。

死んでしまえばいいのにと思っていた方が死んでしまうのかもと思うと、そんなこと思っていたことが申し訳なくも思いましたが、死は誰でも通るみちなので致し方ありません。私も時折自分が死ぬ事を思い出してぞっとしますが、そんなときは
「グレース・ケリーだって死んじゃったんだから」あんなにきれいな人でさえ死ぬのだからしかたがないと思うようにしています。

車で事故死のグレースケリーに比べると、ガンという死に方は悪くないのかなとも思います。いろいろ準備できるし、思うように体が動かせない事も他の病気に比べたら少ない。事故死は痛そうだし心筋梗塞も痛そうだし突然すぎるし首つりも飛び降りも痛そうだよ。選べるんだったらガンがいいなあ。ベッドの上でお布団かぶって死にたいというのが私唯一の望みなのでガンだったらかなえる事ができそう。


人生は一回と小春ちゃんも言っています。

 - Thinking

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
受け継ぐもの

ヨーロッパに行って、わかる人にはわかると思うけど、身分社会の本場だ。 市民革命で …

う●こで価値を思うなかれ

「お客さんは私の『う●こ』で楽しんでいる」そんなインタビュー記事を昔読んで衝撃を …

no image
出た。電子書籍を阻む魔物「中間生産物」

このブログ久々。はおいといて。 先日DTP boosterなる印刷業者の勉強会に …

no image
男は黙って10億円

すごいなー お金持ちになって、こんな風に自分にとって価値があると思うことに寄付を …

no image
オカルトはもういいよ。

今は多少落ち着いてきた感がありますが、福島の原発事故を巡る報道が変で訳わかんない …

no image
内部被曝の考え方

福島の原発事故から約1ヶ月。放射線および放射性物質の量を常にチェックするという近 …

no image
希望に生まれて欲しい

昨日のはやぶさプロジェクトの成功は、久々に希望を感じる出来事でした。 私は理系で …

no image
誰でも無料でできる募金、東北地方太平洋沖地震に少しでも役立つために。

昨日、東北を震源地とした地震で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。 確定 …

no image
高橋大輔選手にふりかかった偽ベートーベン事件。なぜゴーストはだめなのか。

高橋大輔選手がソチオリンピック会場に到着したそうで、怪我の影響が心配ですが、頑張 …

no image
めずらしく激褒めされているiPad

朝起きたら、iPhoneを手にし、Sleep Cycleで睡眠状況を確認し、メー …