心はいつもAirPucci (空元気でもいいから)

毎日がPucciを着ているような気分

giftedその後

      2013/09/26


2000年頃の私は才能をお金に換える事ができませんでした。売れたら請求というビジネスプロセス自体がわかっていなかったし、何より自分で作った作品が人の手に渡るのがいやだった。手元にずっとおいておきたかった。要は自分の才能を確信したいだけで、売れたいわけではなかったということです。

才能があることは英語でgiftedと言います。天から与えられたもの、その人が生まれたときから備わっている能力のことで、早ければ言葉を話す前から遅くとも中学生までには能力が発現します。幼い頃から能力があるというところが大事で、それが才能のありがたい部分なのですが、人生において能力を伸ばす時間が稼げるのが最大のadvantageです。

天才、浅田真央ちゃんは10歳のときからこんなにできる。
時間の積み重ねは偉大です。高校生や大学生になってから、好きだからやってみたという人とは量質ともに明らかに異なるのです。

私は進学校でのレール、300km/hで突き進むルーフトップ新幹線に乗ったようなレールから降りることができずブランクを作りました。ブランクがあっては菅野よう子に勝てません。

「他人の求めに応じて自分の才能なり能力を使えるのがプロ」という師匠の言葉は未だにずっしりと、心にのしかかっています。

師匠は何人かいるのですが、そのうちの一人は稼げない構造に早々見切りを付け、弁護士になりました。
私もその後、ビジネスができるようになるべくキャリアを積み重ねますが、もう何ループ目だろうか。ほむらさんはループを重ねる毎に強くなっていきましたが、私はどうだろうか。

 - Thinking

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
抵抗勢力は

今見ています。 公演内容を書き起こしたページはこちら。 書き起こし.com 「国 …

no image
Perfect MECE – 人の命を預かるものを作るということ

全ての電源が失われるというケースを想定していなかった。 最近とても人気なNHK水 …

WHY HOW WHATの元ネタ

ビジネスアイデアを深めるにあたり、 デザイン思考/WHY-HOW-WHATのアプ …

no image
消える

ゆく年来る年には少し早いけど、、今年は色んなものが消えてしまった年でした。 震災 …

この20年間欠如していたもの

2010年4月12日日本武道館に於ける東京大学大学院入学式での祝辞。 小林久志氏 …

no image
コア機能、コアバリュー

とにかく自分でプロトタイプつくってみないと!と思い立って、railsやり始めて2 …

WHY-HOW-WHATの関係 その1

WHY-HOW-WHATの導きだしを先日のデザイン思考ワークショップでやったので …

この星は私自身(自己否定)

銀河鉄道999でメーテルが機械化母星を破壊しようとするとき、自己の存在が星の発展 …

「おもしろい」が好きなようだ

過去に作ったビジネスプランを眺めているのですが、まあ、よくも色々と考えています私 …

no image
wetなnipponソーシャルは金の力に勝つのか?

楽天が金いやポイントの力でレシピサイトに参入しているのが話題だ。 ・楽天レシピ …