心はいつもAirPucci (空元気でもいいから)

毎日がPucciを着ているような気分

giftedその後

      2013/09/26


2000年頃の私は才能をお金に換える事ができませんでした。売れたら請求というビジネスプロセス自体がわかっていなかったし、何より自分で作った作品が人の手に渡るのがいやだった。手元にずっとおいておきたかった。要は自分の才能を確信したいだけで、売れたいわけではなかったということです。

才能があることは英語でgiftedと言います。天から与えられたもの、その人が生まれたときから備わっている能力のことで、早ければ言葉を話す前から遅くとも中学生までには能力が発現します。幼い頃から能力があるというところが大事で、それが才能のありがたい部分なのですが、人生において能力を伸ばす時間が稼げるのが最大のadvantageです。

天才、浅田真央ちゃんは10歳のときからこんなにできる。
時間の積み重ねは偉大です。高校生や大学生になってから、好きだからやってみたという人とは量質ともに明らかに異なるのです。

私は進学校でのレール、300km/hで突き進むルーフトップ新幹線に乗ったようなレールから降りることができずブランクを作りました。ブランクがあっては菅野よう子に勝てません。

「他人の求めに応じて自分の才能なり能力を使えるのがプロ」という師匠の言葉は未だにずっしりと、心にのしかかっています。

師匠は何人かいるのですが、そのうちの一人は稼げない構造に早々見切りを付け、弁護士になりました。
私もその後、ビジネスができるようになるべくキャリアを積み重ねますが、もう何ループ目だろうか。ほむらさんはループを重ねる毎に強くなっていきましたが、私はどうだろうか。

 - Thinking

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ここは日本の未来

毎日の放射線量を気にしながら生きる日々は「未来に来てしまったんだな」と思ったもの …

no image
人によって異なる。放射線に対するリスクの捉え方。

最も関心の高い事項なのに、物理学者は生体メカニズムを理解しておらず、医療向け放射 …

no image
10億から4か月

10億のエントリーを書いて4か月経過しました。 地元の自治体がやっている起業塾、 …

no image
高橋大輔選手にふりかかった偽ベートーベン事件。なぜゴーストはだめなのか。

高橋大輔選手がソチオリンピック会場に到着したそうで、怪我の影響が心配ですが、頑張 …

デザイン思考のワークショップに参加して

2011年、地元で過ごしているときにビジネスのアイデアが浮かんで、それをやるため …

no image
全部同時。

やりたいことがあって、なんとかしようとしているのだけど、 誰かに協力を求めると、 …

no image
才能か、努力か。

京都大学3年生のN君と知り合ったのは1996年頃だったと思う。 当時はブログがな …

no image
Perfect MECE – 人の命を預かるものを作るということ

全ての電源が失われるというケースを想定していなかった。 最近とても人気なNHK水 …

no image
キ○ガイに才能のある人は絶対にいない

昨年末の紅白に小学校の頃から大好きでたまらなく敬愛する神保彰さんが出てました。 …

911&311

東日本大震災から半年。アメリカ同時多発テロから10年の今日。今のところ、特に大き …