心はいつもAirPucci (空元気でもいいから)

毎日がPucciを着ているような気分

Railsを立ち上げる

   


RubyのアップデートとRailsのインストールが無事終わったので、いよいよRailsプロジェクトを立ち上げます。

Rails専用のディレクトリを作る

Mac上でRailsの開発をしていくので、いろんなプロジェクトを立ち上げても、Railsの、とわかるように1個directoryを作成しておきます。
/user/localの下で

mkdir Rails

と打ってRails directory作りました。名前は別にRailsじゃなくても好きなので大丈夫です。
作ったらそこに移動しておきます。

cd Rails

バージョン指定してRailsプロジェクトを作る

Railsのインストールでバージョンを指定しないと、2.0系が入っちゃいます。そのあとバージョン指定して1.9系を入れても大丈夫。Railsプロジェクトを作成するときに、どのバージョンのRailsを使うか指定することができます。Railsのバージョンが一つしかなかったらバージョン指定は不要で、入っているバージョンでRailsプロジェクトが立ち上がります。

rails _3.2.14_ new railscms

“railscms”は作りたいアプリ名です。好きなのに変更してOK。”_3.2.14_”はRailsのバージョンです。書かなければ入っている最新のRailsでできます、多分。
このコマンド打ったあとも待ちます。途中詰まったようになりますが、CTRL+Cしたらだめです。待ちます。

インストールが終わったらRailsフォルダ下にrailscmsフォルダができています。中に色々入っています。
railscmsフォルダに移動しておきます。

cd railscms

Railsサーバーを立ち上げる

rails server

と打ちます。省略して

rails s

でもいいです。すると、Railsのサーバーが立ち上がります。

Terminalが

=> Booting WEBrick
=> Rails 3.2.14 application starting in development on http://0.0.0.0:3000
=> Call with -d to detach
=> Ctrl-C to shutdown server
[2013-09-24 22:26:26] INFO WEBrick 1.3.1
[2013-09-24 22:26:26] INFO ruby 1.9.3 (2013-06-27) [x86_64-darwin12.5.0]
[2013-09-24 22:26:26] INFO WEBrick::HTTPServer#start: pid=46809 port=3000

となって、止まります。何も起こりません。
はい、webサーバーが立ち上がっているので、ブラウザで確認ですよ。

http://localhost:3000/
にアクセスすると、無事、Railsサーバーが起動しています。

スクリーンショット 2013-09-24 22.29.29

あとは好きに開発しよう、バンザイ!

サーバーを止めるときは、Terminal画面でCTRL+Cを打ちます。ここにきて初めてCTRL+Cが打てますよ。

 - テクニカル ,

Comment

  1. […] では、いよいよRailsのプロジェクトを立ち上げます。 […]

  2. […] こちらでRails3.2でプロジェクトを作っていたので、そっちはどうなったでしょう?確認しておきます。 /user/local/Rails/railscmsに移動し […]

  3. […] Ruby1.9+Rails3.2のプロジェクトは作りましたが、その後、Ruby2.0をインストールし、Rails4.0もインストールしたので、Ruby2.0+Rails4.0のプロジェクトを作ります。1台のMACで複数バージョンRubyと […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

WordPress親テーマversion upに伴う、子テーマのバージョンアップ作業

WordPress子テーマの作り方で書いた通り、airpucciの現在のテーマは …

no image
「Follow me」バッジのつけ方。

ブログの横についている「Follow me」バッジ。いろんな方がつけているのを見 …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。5.3.4章。

5.3.4RSpecを洗練させる、です。 確かに、名前付きルートに書き換えていて …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。3.2章。

3.2章は最初のテストです。 Railsチュートリアルは、アプリケーションの振る …

railsでtest unitを生成させない

ruby on rails3プリケーションプログラミングの本の内容をruby2. …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。5.4章。

5.4ユーザー登録: 最初のステップ、です。ようやく開発っぽくなってきます。 5 …

吉瀬美智子さんが美しすぎて、新サイト作りました

以前からやりたいと思っていたのですが、吉瀬美智子さんが美しすぎてやる気がでました …

詳解 Objective-C 2.0 第3版 CHAPTER3 継承とクラス

[]多用といいメッセージキーワードといい、やっぱObjective-Cってキモチ …

no image
future vision 2019 vs 2010

マイクロソフトのfuture visonが話題らしい。 2019年の近未来。 情 …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。8.3章。

8.3Cucumberの紹介 (オプション) Cucumberは振舞駆動開発用の …