心はいつもAirPucci (空元気でもいいから)

毎日がPucciを着ているような気分

Rails 3.2と4.0、複数バージョンをインストールする

   


Rubyを複数バージョン入れて切り替えて使える事を確認しました。次はRailsを複数バージョン入れてみます。要するにやりたい事は、
Ruby 1.9 + Rails 3.2

Ruby 2.0 + Rails 4.0
それぞれバージョン違いの組み合わせ環境を1台のMacの中に構築したいんです。これはググってもあまり情報が出なかったので、書いてみます。

いま入っているRailsのバージョンを確認する

Terminalから

rails -v

と打つと

Rails 3.2.14

と確認できます。

最新のRailsをインストール

普通にインストールすると、いまならRails4.0系がインストールされるはず。なので、バージョン指定なしでインストールしてみます。

gem install rails

このインストールが長いです。30分くらいかかりますが、待ちます。

Railsのバージョンを確認

インストール終わったらrailsのバージョンを確認してみます。

rails -v

と打つと

Rails 4.0.0

と確認できました。

Rails3.2で作ったプロジェクトのRailsバージョンを確認

こちらでRails3.2でプロジェクトを作っていたので、そっちはどうなったでしょう?確認しておきます。
/user/local/Rails/railscmsに移動し

rails -v

と打つと

Rails 3.2.14

と確認できました。
これはRailsをgemでインストールしているので、プロジェクト毎にRailsが内包されているんですね。
/user/local/Rails とか/user/localに戻るとRailsは4.0になっています。

では、最後にRuby 2.0 + Rails 4.0でプロジェクトを作ります。

 - テクニカル ,

Comment

  1. […] 旧暦神在月にRubyイベントに参加したい!と思ったところ、狙ったようにRubyWorld Conferenceが開催、、開催が木金なのでいけません。くやしーなーと思っていたところ、東京で参加を逃してしまったRailsGirlsが松江で開かれると。土曜日です。これはぜひ!と思い参加してまいりました。 自己流でMavericksにRubyとRailsを複数ver入れてあったので、これでいいのか確認したかったのと->OKでした!あ、でもRailsは4.0.1にver upしました。 細かすぎて伝わらないどうでもいい質問をチューターの方にして、自分で色々納得したかったのです。 行くのは島根県の松江なのに、鳥取県の米子空港に到着。鬼太郎がお出迎えです。 境港というでっかい湖というか、湾?の上をバスで走り、松江へ。ちょっとシアトルっぽかった。 初めての島根県。松江は城下町。県庁所在地と言うには、、他県ならば2、3番目の経済規模の都市って感じでした。神話時代はるか昔。鳥取・島根は日本のポルトガル・スペインなので、いいのです。 金曜の夜からインストール・デー。参加者よりチューターが多いのでは?というかつて経験したことがない贅沢な環境に驚きます。というか、いち地方都市にソフトウェア技術者が沢山いる事に驚きです。私の地元は教育を放棄して製造業をあてがっていますからね。松江、本気すぎる。 土曜日は本番。なんと、Matzさんの登場です。普通のRuby会議じゃありえないでしょう。さすが松江です。 ここでお話いただいたMatzさんのお話が本当におもしろかった! 世界は99%の確立でMatrixのようなシミュレーションされた世界なのだそうです。そのシミュレートした仮想現実を作るのがプログラマー。現実のルールを変えるのは難しいけど、仮想現実のルールはプログラマーが変える事ができる。現在のPCはほとんどが仮想現実を表現することが仕事になっている。つまり、プログラマーは仮想現実を通じて現実の世界に影響を与えることができる。 作りたいサービスがあるがゆえにプログラマー再起動中の私にとって、とても勇気がでるお話でした。 作りたいサービス(=仮想現実)で世の中を変える事ができると思っていますから。 もう、これだけで十分満足でした。 午後はRails4の実習。scaffoldして公開する内容でしたが、以前から誰かに問いかけたくて仕方が無かった細かくて伝わりにくい質問をチューターさんになげかけ、丁寧に教えていただきました。本当にありがとうございます。とっても贅沢でした。 最後は、じゃんけんでノベルティをいただきました。mogokというruby paasのノベルティをIIJさんより。ヒツジはクラウドのイメージ、mogokというのはrubyの有名な産地の名前とのことでした。 女子会らしく、食べ物が充実、、 RailsGirlsというイベントは、ヘルシンキの女性が、女性だけのラーニングデーとして2010年に開催したものが世界中でひろまっているのだそうです。 初心者の女性に、プログラムに接する機会を与え続けていて、これまた世の中を変えている試みだと思います。ロジカルな思考ができるなら、プログラマーは男女関係ないんですよ。ロジカルな思考を身につける事から逃げる女性も多いので、プログラマーに女性は不向きと思われているだけ。世の中のwebサービスは女性向けが多いのだから、頭を鍛えることから逃げずにみんなプログラムしましょうよ! […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

Provisioning fileが作成できない!

iPhoneアプリを公開するために、itunes connectでProvisi …

iPhoneアプリ開発のお勉強方法です。

Objective-C苦節3ヶ月アプリ作れるようになったと書きましたが、本日アプ …

画面キャプチャ系extension

現在メインブラウザはchromeを利用しています。画面キャプチャextensio …

RailsTutorial4.0を高速で復習する。5章。

さてRailsTutorial4.0も5章に入ります。まだ序の口です。5章ではb …

no image
MacBookAirにMacAppStoreからソフトをダウンロード

MacBookAir 10日目。快調です。 WindowsからMacの移行でつま …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。10.3章。

10.3マイクロポストを操作する、です。 仕様の理解 ポストはユーザーだけが投稿 …

初めてのRuby2章「配列とハッシュ」

Railsだってgemの一種!ってことで、Rubyの文法からちゃんとやりたいです …

WordPress親テーマversion upに伴う、子テーマのバージョンアップ作業

WordPress子テーマの作り方で書いた通り、airpucciの現在のテーマは …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。6.2.5章。

6.2.5一意性を検証する、です。メールアドレスをIDとして使うため(でなくとも …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。9.2.2章。

9.2.2正しいユーザーを要求する、です。 テストを書く 自分以外の人がプロフィ …