心はいつもAirPucci (空元気でもいいから)

毎日がPucciを着ているような気分

Ruby1.9と2.0、複数バージョンのRubyをインストールする。

   


Ruby1.9 + Rails3.2もいいけど、Ruby2.0 + Rails4.0もやってみたいです。
rbenvを入れたからには複数Rubyが共存できるはず。ということでRuby2.0もインストールしてしまいます。

いま入っているRubyのバージョンを確認する

Terminalから

ruby -v

とうつと

ruby 1.9.3p448 (2013-06-27 revision 41675) [x86_64-darwin12.5.0]

バージョン指定インストール後globalしたrubyで動いています。

インストールできるRubyのバージョンを確認する

Terminalから

rbenv install -l

とうつと

Available versions:
1.8.6-p383
1.8.6-p420
1.8.7-p249
1.8.7-p302
1.8.7-p334
1.8.7-p352
1.8.7-p357
1.8.7-p358
1.8.7-p370
1.8.7-p371
1.8.7-p374
1.9.1-p378
1.9.1-p430
1.9.2-p0
1.9.2-p180
1.9.2-p290
1.9.2-p318
1.9.2-p320
1.9.3-dev
1.9.3-p0
1.9.3-p125
1.9.3-p194
1.9.3-p286
1.9.3-p327
1.9.3-p362
1.9.3-p374
1.9.3-p385
1.9.3-p392
1.9.3-p429
1.9.3-p448
1.9.3-preview1
1.9.3-rc1
2.0.0-dev
2.0.0-p0
2.0.0-p195
2.0.0-p247
2.0.0-preview1
2.0.0-preview2
2.0.0-rc1
2.0.0-rc2
2.1.0-dev
jruby-1.5.6
jruby-1.6.3
jruby-1.6.4
jruby-1.6.5
jruby-1.6.5.1
jruby-1.6.6
jruby-1.6.7
jruby-1.6.7.2
jruby-1.6.8
jruby-1.7.0
jruby-1.7.0-preview1
jruby-1.7.0-preview2
jruby-1.7.0-rc1
jruby-1.7.0-rc2
jruby-1.7.1
jruby-1.7.2
jruby-1.7.3
jruby-1.7.4
maglev-1.0.0
maglev-1.1.0-dev
maglev-2.0.0-dev
mruby-dev
rbx-1.2.4
rbx-2.0.0-dev
rbx-2.0.0-rc1
ree-1.8.6-2009.06
ree-1.8.7-2009.09
ree-1.8.7-2009.10
ree-1.8.7-2010.01
ree-1.8.7-2010.02
ree-1.8.7-2011.03
ree-1.8.7-2011.12
ree-1.8.7-2012.01
ree-1.8.7-2012.02
topaz-dev

相変わらず沢山のRubyが出てきます。2.0の最新版である 2.0.0-p247を入れたいと思います。

最新のRubyをインストールする

Terminalから

CONFIGURE_OPTS="--with-opt-dir=/usr/local/" rbenv install 2.0.0-p247

と打つとインストールが始まります。

rbenv rehash

で反映させます。

Rubyのバージョン切り替え

rbenv versions

で反映させます。

ruby -v

でRubyバージョンを確認すると

ruby 1.9.3p448 (2013-06-27 revision 41675) [x86_64-darwin12.5.0]

1.9のままなので、globalして2.0に切り替えます。

rbenv global 2.0.0-p247

この後、

ruby -v

でRubyバージョンを確認すると

ruby 2.0.0p247 (2013-06-27 revision 41674) [x86_64-darwin12.5.0]

Ruby2.0に切り替わりました。

Rubyを2.0から1.9に戻してみる

Ruby1.9に戻すにはやっぱりglobalすればいい。

rbenv global 1.9.3-p448

この後、

ruby -v

でRubyバージョンを確認すると

ruby 1.9.3p448 (2013-06-27 revision 41675) [x86_64-darwin12.5.0]

Ruby1.9に切り替わりました。

rbenvでRubyをインストールしておけば、複数バージョンインストールして切り替えて使う事ができるのですね。

じゃ、次はようやく本題。Railsも複数バージョン入れて、RubyとRailsのバージョンを切り替えて使ってみたいと思います。

 - テクニカル ,

Comment

  1. […] Rubyを複数バージョン入れて切り替えて使える事を確認しました。次はRailsを複数バージョン入れてみます。要するにやりたい事は、 Ruby 1.9 + Rails 3.2 と Ruby 2.0 + Rails 4.0 それぞれバージョ […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
MacBookAirは壊れるの?

1ヶ月ぶりにWindows機を立ち上げています。HDDのカリカリ言う音が冷や汗も …

Railsを立ち上げる

RubyのアップデートとRailsのインストールが無事終わったので、いよいよRa …

no image
Homebrewをインストールする。

MacOS 10.8.5(Mountain Lion)にRuby&Ru …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。5.4章。

5.4ユーザー登録: 最初のステップ、です。ようやく開発っぽくなってきます。 5 …

no image
iPhoneのKindleアプリでChip Conley氏の本を読んでみました。その1

GWで電子本も文庫本も読み終え、「新しい本に入れ替えないと~」と思いながらすっか …

no image
editとupdate

ruby on rails3プリケーションプログラミングの本の内容をruby2. …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。11.2.3章。

11.2.3「フォローしているユーザー」ページと「フォロワー」ページ、です。 仕 …

WordPressの管理画面真っ白問題に対処しました

WordPressの自作テンプレを作ったはいいものの、管理画面が真っ白になって投 …

no image
Vaio Pよりも軽く感じる?MacBookAirとお出かけ

Vaoi Pを手放し、iPadも手放し、UQ Wimaxは解約し、DellのWi …

画面キャプチャ系extension

現在メインブラウザはchromeを利用しています。画面キャプチャextensio …