心はいつもAirPucci (空元気でもいいから)

毎日がPucciを着ているような気分

「おもしろい」が好きなようだ

   


過去に作ったビジネスプランを眺めているのですが、まあ、よくも色々と考えています私。そのなかで一番つまらないのが、2011年帰っていた地元で通っていた起業塾のプランです。。。それでも2位だったんだよな。
一緒にやりたいと思っていた人が(メンタルの問題で)落ちてしまい、その後も様々な問題がありビジネス的にもムリがあって止めてしまいました。

でも、このときにつきつめた「日本の価値を上げたい」という想いは自分の根底にあると思っています。

いま考えているお勉強*ITサービスの理念、キャッチ、ミッション、とにかく一言で表す言葉を考えていて

「お勉強の意味を『おもしろい』にする」 というのが浮かんだのですが、

2011年にも「おもしろい」って言葉使っていたんですね。

どうやら私は「おもしろい」が好きで、何かをおもしろくしたいようです。そうだったのか。

ビジネスもマンガでする時代印刷用

Japan as No.1は昔話、世界は既にフラット化しました。生まれた時から国際競争が当たり前です。品質の良いモノがあふれて余り、サービスも均質化しています。もはや絶対的に必要なモノやサービスは無く、有るとしても人・企業によってバラバラです。

グローバル化が進んだ現代の価値感はどこにあるのでしょう?あふれるモノやサービスの中から何を選んでも大差ないならば、私たちが「おもしろそうだ」と直感することに価値が宿るのではないでしょうか?事実、私たちの行動は変化しています。

日本の経済は低迷していますが、まだ埋もれている価値が沢山あり、伝えきれていません。埋もれている「おもしろさ」を発見し、物語を形作ること。埋もれている課題を発見しinnovativeなアイデアで解決しつづけること。全てのモノやサービスが品質よく優れている現代、個々のstoryを見出し、伝え、楽しませ魅了することがおもしろさとなり、ひいては日本の価値向上につながることと信じています。

 - Thinking

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

WHY-HOW-WHATの関係 その2

wantedly仲さんのWHY-HOW-WHATの導きだし方はWHATから始める …

no image
「希望を捨てる勇気」その2

この本の「希望」とは、笑顔が似あう若者の希望ではありません。不況ネイティブな今の …

no image
人の爪跡。

シンガポール(星加坡)に行ってきました。SinTelがシンガポール通信庁という、 …

no image
唯一生き残るのは、変化できる者である

最近、どこかで聞いたこの言葉。 「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生 …

なぜお勉強する必要があるのか?

About Meもちょっと書き換えたし、 デザイン指向のワークショップに参加した …

no image
10億から4か月

10億のエントリーを書いて4か月経過しました。 地元の自治体がやっている起業塾、 …

no image
全部同時。

やりたいことがあって、なんとかしようとしているのだけど、 誰かに協力を求めると、 …

no image
高橋大輔選手にふりかかった偽ベートーベン事件。なぜゴーストはだめなのか。

高橋大輔選手がソチオリンピック会場に到着したそうで、怪我の影響が心配ですが、頑張 …

no image
自由が丘のユニクロ

自由が丘にある、ユニクロに買収された旧キャビン系のお店2店舗が閉鎖し、新しいお店 …

no image
コンテンツ、デザイン、プログラムの順に大事

ブログ久々になりました。 アプリを作ってみて、プログラミングよりも、ユーザビリテ …