心はいつもAirPucci (空元気でもいいから)

毎日がPucciを着ているような気分

railsのエラーメッセージを日本語化

   


message:で渡すエラーメッセージや、その他いろんな箇所を日本語化します。

config設定する

config/application.rbの34行目あたり

# config.i18n.default_locale = :de

をコメントアウト外したうえで、日本語に設定します。

config.i18n.default_locale = :ja

これで、 .html.erb のjavascriptで表示するメッセージは日本語直書きできますが、定義されているエラーメッセージも日本語化したいです。

i18nが入っているか確認

i18nというgemで日本語化します。今の環境に入っているか確認します。ターミナルで

bundle list

とうち、

* i18n (0.6.5)

とか、出てくればOK。
入っていなかったらgemfileに書きます。

gem 'rails-i18n'

書いた後は、bundle installします。
コードはこちらにあります。https://github.com/svenfuchs/rails-i18n

ja.ymlを設置する

ロケールとは、ソフトウェアに内蔵される、言語や国・地域ごとに異なる単位、記号、日付、通貨などの表記規則の集合のことですね。railsのロケールテキスト(locale text)はja.ymlです。これを アプリ/config/locale/ の下に置きます。

ja.ymlはこちらからダウンロードします。https://github.com/svenfuchs/rails-i18n/blob/master/rails/locale/ja.yml

ja.ymlをカスタマイズ

ja.ymlはちょっと長いです。形式を保ったまま不要な部分は削除しても大丈夫&自分で付け足してもOK。
ファイルのアップロード時の拡張子間違いを指摘したかったので、

.rbファイルに

message: :file_format_error

と書き
ja.ymlのmessages: に

file_format_error: "拡張子が違います。"

を足しました。
指定したファイルの拡張子が違うと、:file_format_errorがindexされて”拡張子が違います。”というメッセージが出ます。

確認する

rails sで英語メッセージが日本語化されているか確認します。

こちらを参考にさせていただきました。
Railsで日本語化対応にする方法

 - テクニカル ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
Ruby 1.9系をインストールする

Rubyのバージョン管理ができるrbenvをインストールしたらいよいよRubyの …

HerokuにRailsアプリをdeployする

Railsプロジェクトというよりも、Railsアプリっていうほうが正んでしょうか …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。5.2章。

5.2SassとAsset Pipeline、です。 ここは読み物系です。読んで …

Eclipse CDTインストールでCould not find

さいたまスーパーアリーナで全スサノオ使い果たし力尽きてはや1ヶ月と1週間。世の中 …

iPhoneアプリ開発のお勉強方法です。

Objective-C苦節3ヶ月アプリ作れるようになったと書きましたが、本日アプ …

no image
MacBookAirで真央ちゃんのテレビ放映を見ました

テレビ持っていないを公言しています。 15年以上使っていたナショナル6型ブラウン …

no image
Ruby on Railsのインストール

Rubyのアップデートが終わったので、いよいよRailsをインストールします。 …

no image
プログラミングから離れた理由を思い出した

私は転職が多く5社で正社員で経験しています。全部IT系なのだけど全部職種が違いま …

初めてのRuby8章「オブジェクトとクラス」

2章「配列とハッシュ」の次はいきなり8章「オブジェクトとクラス」に行ってしまいま …

no image
MacBookAirにMacAppStoreからソフトをダウンロード

MacBookAir 10日目。快調です。 WindowsからMacの移行でつま …