心はいつもAirPucci (空元気でもいいから)

毎日がPucciを着ているような気分

railsのエラーメッセージを日本語化

   


message:で渡すエラーメッセージや、その他いろんな箇所を日本語化します。

config設定する

config/application.rbの34行目あたり

# config.i18n.default_locale = :de

をコメントアウト外したうえで、日本語に設定します。

config.i18n.default_locale = :ja

これで、 .html.erb のjavascriptで表示するメッセージは日本語直書きできますが、定義されているエラーメッセージも日本語化したいです。

i18nが入っているか確認

i18nというgemで日本語化します。今の環境に入っているか確認します。ターミナルで

bundle list

とうち、

* i18n (0.6.5)

とか、出てくればOK。
入っていなかったらgemfileに書きます。

gem 'rails-i18n'

書いた後は、bundle installします。
コードはこちらにあります。https://github.com/svenfuchs/rails-i18n

ja.ymlを設置する

ロケールとは、ソフトウェアに内蔵される、言語や国・地域ごとに異なる単位、記号、日付、通貨などの表記規則の集合のことですね。railsのロケールテキスト(locale text)はja.ymlです。これを アプリ/config/locale/ の下に置きます。

ja.ymlはこちらからダウンロードします。https://github.com/svenfuchs/rails-i18n/blob/master/rails/locale/ja.yml

ja.ymlをカスタマイズ

ja.ymlはちょっと長いです。形式を保ったまま不要な部分は削除しても大丈夫&自分で付け足してもOK。
ファイルのアップロード時の拡張子間違いを指摘したかったので、

.rbファイルに

message: :file_format_error

と書き
ja.ymlのmessages: に

file_format_error: "拡張子が違います。"

を足しました。
指定したファイルの拡張子が違うと、:file_format_errorがindexされて”拡張子が違います。”というメッセージが出ます。

確認する

rails sで英語メッセージが日本語化されているか確認します。

こちらを参考にさせていただきました。
Railsで日本語化対応にする方法

 - テクニカル ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

Objective-C苦節3ヶ月アプリ作れるようになった

このブログairpucci.comのメニューにアプリ開発追加しました。 昨年秋よ …

Mac miniの液晶モニターにDell U2713HM使っています。

次期モデルが出るかもしれないのにMac miniを買って、自分でメモリを16Gに …

40秒も待てない。

自由が丘のカフェでこれ書きました。Table Modern Service、食べ …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。4.1章の途中から。

さて、4.1章の途中にある、変だなと思っている箇所、 リスト4.4 Homeペー …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。5.6章。演習3問目。

5章最後の演習、3問目です。 リスト5.38に示すように、元のヘルパーメソッドに …

no image
iPhone充電3回分?大容量バッテリーで残念がなくなりました

iPhoneは便利なので、一日中使いっ放しの日がよくあります。iPhoneがあれ …

詳解 Objective-C 2.0 第3版 CHAPTER2 Objective-Cのプログラム

Objective-Cの解説はメッセージから始まる。このメッセージという概念、も …

no image
iTunesをMacBookAirからWindowsに戻しました。

2月にMacBookAirを購入し、今までWindows上にあったiTunesを …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。3.3.2章。

3.3.2タイトルのテストをパスさせる。です。 ひとまず、静的ページをhtmlの …

no image
accepts_nested_attributes_for

everydayRailsやっていて、 phoneモデルのテストのところで ac …