心はいつもAirPucci (空元気でもいいから)

毎日がPucciを着ているような気分

尼崎事件とネットいじめ

      2013/12/03


誰かのtweetで、尼崎事件ほど気分悪いものはないというのが流れていて、同意すると同時に「構造が似ている」と思ったネットいじめ。最近では16歳の女の子が元同級生を殺害した事件、事件にはLINEで複数人が参加しはやしたてている。
共通点は、狭いコミュニティの中で異常性が醸成されている点。コミュニティの外にいる人、参加していない人にはわからない点だ。外の人間が当事者から話の片鱗を聞いても、都合良く歪曲されているのでちょっとした疑問を抱くに終わる。
コミュニティは狭い故、加速度的に異常さは増幅する。尼崎事件もネットいじめも、常識で理解できる範疇をとうに超えている。

ネットは便利で楽しい一方、闇があることはわかっている。それでもネットが好きで、活用して何かをしたいと思っている以上、目を逸らすわけにはいかない。

「何もしていないのに巻き込まれている」という女性がいた。ネットの掲示板でちょっとやり取りがあった面識ない人につきまとわれているのだと言う。仕事もできない状態になり、私は彼女に仕事を2度反古にされたけど、正直なところ、事件に巻き込まれた彼女が気の毒でならなかった。ネットのどんな闇が人をここまで追いつめるのだろう。

答えは違った。いきさつを知る人の話をフェアに聞くに、彼女がネットいじめをしたのだった。相手は理不尽なネットいじめにより病気を発症し、つきまとう側となった。ネットだから「何もしていないのに」事件に巻き込まれる事があるのかもしれないと思っていたが、そうではなく因果応報で現実の世界と同じだった。(もしかすると、ネットで本当に何もしていないのに事件になった例もあるのかもしれないが。)

彼女がいじめで使っている言葉は、16歳の女の子が元同級生を殺害した事件と同じ類いのものだった。私は彼女のネットでの姿を知らなかったが、魑魅魍魎とはこのことかと思った。いじめを始めた当時も高圧的で人を人と思わない様子だったという。満たされなかったストレスを他人を破壊するエネルギーに変えているようだった。そう、尼崎事件に似ている。

ネットに闇があるのではなく、使う人の闇が詳らかにされるだけなのだ。良い面も悪い面もフォーカスを当て、拡大する性質を持つのがネットなのだと、悪い方の事例に接して理解した。

 - Thinking

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
出た。電子書籍を阻む魔物「中間生産物」

このブログ久々。はおいといて。 先日DTP boosterなる印刷業者の勉強会に …

忘れていたMade in Japan

Googleのパックマンロゴ、1億2000万ドルの損失もたらす——米調査 &#8 …

no image
男は黙って10億円

すごいなー お金持ちになって、こんな風に自分にとって価値があると思うことに寄付を …

no image
受け継ぐもの

ヨーロッパに行って、わかる人にはわかると思うけど、身分社会の本場だ。 市民革命で …

Lean Startupのシート

WHY HOW WHATのデザイン思考もいいのですが、リーンスタートアップからも …

no image
内部被曝の考え方

福島の原発事故から約1ヶ月。放射線および放射性物質の量を常にチェックするという近 …

no image
楽天優勝&ヤフオク無料化記念、事業アイデアさらし

楽天優勝おめでとうございます。 色んな見方があるとは思いますが、マー君の登板、昨 …

ここは日本の未来

毎日の放射線量を気にしながら生きる日々は「未来に来てしまったんだな」と思ったもの …

no image
「希望を捨てる勇気」その2

この本の「希望」とは、笑顔が似あう若者の希望ではありません。不況ネイティブな今の …

no image
唯一生き残るのは、変化できる者である

最近、どこかで聞いたこの言葉。 「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生 …