心はいつもAirPucci (空元気でもいいから)

毎日がPucciを着ているような気分

高橋大輔選手の進化をプログラム曲からみる

      2013/12/23


オリンピックの選考結果を待ってしまうと書けなくなりそうなので、書いています。

今シーズンは怪我で苦しんでいる高橋大輔選手、現役最後を表明しているだけに悔しくてならないでしょう。

怪我しないようにマネジメントするのも練習のうちで、年齢とともに変わっていく体と向き合う選手家業はむずかしいんだなと思う次第です。スケート選手の年齢が高くなったのはごくごく最近ですし(荒川静香さん23歳でオリンピック金メダル取りましたが、まだ引退しないのか!という雰囲気8年前はありました)、プルシェンコみたいに30代でも現役のおっちゃんもいるので、年齢とともに必要な引き算のノウハウみたいなものを後進のために残していただきたいなと勝手に偉そうに思っております。

高橋大輔選手を凄いと思うのは、メンタル弱ヨワ超ガラスのハート少年が、大舞台で勝てるように強くなったことと、
なんといっても新しい表現を切り開いていったところですね。

2007/2008年SP 白鳥の湖ヒップホップバージョン


軸をぶらしてはいけないスケートで、軸を頭体脚でずらして踊るダンスの中でも一番難しいとされているHipHopをスケートでやっちゃったこの作品が革命的でした。マジで本当にスケート靴履いてるの??って感じの演技、ここまで軸ずらししながら滑れる人はまだいないように見えます。本当にうまくないとできないんでしょうね。このプログラムかっこ良くて大好きでした。

2008/2009,2009-2010年 SP Cobaさん作曲 Eye


アコーディオンで有名なCobaさんの曲、タンゴですね。HipHopの次はタンゴ。バレエをベースにした動きのスケートが多い中、曲に合わせて動く動く。細かいリズムをよくぞ氷の上で刻めますね!という圧巻なものでした。このとき脚のじん帯の手術をしてるんですよね。選手生命をかけた手術だったと思いますが、見事復活、残酷な運命にならずによかったと安堵していました。

2010/2011年 SP ある恋の物語,エル・マンボ,マンボNo.5


HipHopよりもタンゴよりも、このマンボのほうが今や有名な感じしてます。まあ細かくよく動いています。ノリノリです。黄色い声援が凄まじいです。本当にこの人がガラスのハート少年だったのか?という雰囲気です。手術のときにメンタルも乗り越えたんでしょうか。そこもいつか手記等で発表していただきたいですね。

2010/2011年 FP ブエノスアイレスの冬


ピアソラのタンゴです。プログラムとしては一番評価が高いんじゃないでしょうか?

2011/2012年 FP ブルース・フォー・クルック


ブルースの、しかも3拍子じゃないや6/8ですよ、ハチロクですこの曲。Jazzとかブルースとかはグルーヴィーでリズムが後拍にあるので、物理的に滑らかに加速度的に動くスケートとは相性があわなさそうですが、リズムのうねりを、回転やジャンプでうまく利用しているなと思いました。

チャレンジングな試みを次から次へと行い、新しい表現を切り開いてきた高橋大輔選手。イケメンの一流選手ですが、本当にものすごいと思います。

 - 空元気な日々

Comment

  1. […] 以前、高橋大輔選手の進化をプログラム曲からみるとまとめたように、ガラスのハート少年が強く成長したことをすばらしく思い尊敬しています。ただ、この中に今世間をにぎわしてい […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

iPhone5バッテリー交換してきた

世間がiPhone6で賑わう1週間前、対象機種だったためiPhone5のバッテリ …

理念が大事。

(この投稿は別ブログameblo.jp/sweetfからの転載です) 今週あまり …

no image
勉強会にいってきました

(この投稿は別ブログameblo.jp/sweetfからの転載です) 地元に戻っ …

no image
負ける予感がした1995年。

天安門事件やらバブル崩壊やらの年に、仕事に自立と国際性を求め、消去法でIT業界に …

no image
45カフェ

関連しそうな記事 勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド 敬語使えない …

浅田真央 2005年世界ジュニア選手権エキシビジョンがかわゆすぎて倒れそう

高島屋での smile 浅田真央展でも展示してあるMyベスト衣装、伊藤みどりさん …

iPad mini Retinaが来ました

軽くなったiPad Airもいいのですが、iPad miniはもう少し軽い。Ap …

no image
チップ・コンリー氏について

現在読み進めている「ザッポスの奇跡」という本の中で紹介されているチップ・コンリー …

no image
一回りして今年もやってきたボーダー

押し入れの奥に何が入っているかわからない箱が一つ。開けてみたら、出てきたのは写真 …

世界初のエクスペリエンス・マーケティング

以前、ネットショップをやっておりまして。 ショップを作る前に、「絶対にブランドに …