心はいつもAirPucci (空元気でもいいから)

毎日がPucciを着ているような気分

神田明神に初詣行ってまいりました。

   


昨年末、初詣として初めて神田明神にお参りしましたが思うところがあり、また行ってまいりました。今回はカレンダー上年があけてからなので、いわゆる初詣ですね。

おみくじはまたまた大吉でした。
20140105-232441.jpg
今回はありがたく持ち帰りました。

神田明神は江戸の鬼門を守る神社として結界感が半端ないです。平将門公も祀ってありますが大黒様のパワーがすごいのだなと、ちょっとオカルトチックですが感じました。昨年出雲大社に行ったときもちょっと何かを感じたのですが、どちらも大黒様の神社。建国の神だけあってかき混ぜるエネルギーが強く、もしかしたら大黒様は平将門公と同様、畏怖の念からあがめられてきたのでは?と感じました。ちょっと検索してみたところ、大黒様を怨霊系と感じる人もいるみたいでやっぱりなあと。以上オカルトおしまい。

私は宗教はあまり好きではなく、宗教を信仰している人を遠ざけていた時期がありますが、あるキリスト教徒の方から、「祈りは自己を否定し神に従属するためのものではなく、むしろ逆で、自分の願いを明確に自分と約束をしし願いをかなえるためのメソッド」というような説明をうけ、なるほどそれはいいと思ったんですね。でもキリスト教徒になるつもりはなかったので、神社を活用すればいいのでは、と思いつきました。そもそも神社は自分の願いを唱えるために参拝する場所です。迷いがある、よくわからないときは神社で心をプレーンにし、何を望んでいるのか、自分を理解するための場所として活用しています。神社、よい仕組みだなあと思っています。

 - 空元気な日々

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

Future Visonへ、また一歩

巻き取れるほど柔軟な有機ELディスプレイ、ソニーが開発 – ITme …

理念が大事。

(この投稿は別ブログameblo.jp/sweetfからの転載です) 今週あまり …

世界選手権に行ってきました

ソチオリンピックが終わって以来、ずっと真央ロス状態です。 そんななか、現役最後に …

no image
負ける予感がした1995年。

天安門事件やらバブル崩壊やらの年に、仕事に自立と国際性を求め、消去法でIT業界に …

松江オープンソース活用ビジネスコンテストに入選しました。

RailsGirls松江のときに、存在を知った松江オープンソース活用ビジネスコン …

MVCモデルが色々ありすぎて困惑する

RailsでScaffolodやってふむふむ状態です。ズバリ、model,vie …

no image
クックロビン音頭

最近下らない事ばかり思い出すのですが、鮮明に思い出した「パタリロ!」の思い出。 …

no image
sweetfは15周年

sweetでもフォルテに聞こえる時がある。sweetfという名前を思いついて15 …

no image
東京から離れて1年

昨年の311震災後、大学時代から四半世紀住んだ東京を離れて1年たちました。実家に …

3年

震災の日から3年経ちました。もうそんなになるのか。 東日本大地震の被災者の方々へ …