心はいつもAirPucci (空元気でもいいから)

毎日がPucciを着ているような気分

before_actionが定義してある。

      2014/01/19


ruby on rails3プリケーションプログラミングの本の内容をruby2.0+rails4でやってみようと思っていましたが、正直あまりよい本ではありませんでしたので中断しました。理由は
・最終的になにができあがるかみせていない
・ひととおり技術の羅列、資料的
・チュートリアルになっていなく、どこを新規に記述すべきか明示していない。
・無理矢理進めようとしているせいか、あまりコーディングとして望ましい姿になっていない
・上と同じ原因で開発の考え方も間違ったものがみにつきそう
本書はおすすめいたしません。Railstutorial.jpをおすすめします。以下はメモ書き。

p73
books_controller.rbのshowにコードを追加する。

本では

  def show
    @book = Book.find(params[:id])

    respond_to do |format|
      format.html # show.html.erb
      format.xml  { render :xml => @book }
    end
  end

ってなってるけどrails4でscaffoldしたので
@book = Book.find(params[:id])
は要らない。なぜなら、

before_action :set_book, only: [:show, :edit, :update, :destroy]
としてあって、

private
# Use callbacks to share common setup or constraints between actions.
def set_book
@book = Book.find(params[:id])
end
となってる。つまり、もう書いてあるから。

respond_to do |format|
format.html # show.html.erb
format.xml { render :xml => @book }
end
これを追加した後、

http://localhost:3000/books/1.xml

で見れるか確認。

git commitしておく。

 - テクニカル

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。5.4章。

5.4ユーザー登録: 最初のステップ、です。ようやく開発っぽくなってきます。 5 …

BD再生のオープンソース

メディアはシリコンすら持ちたくない主義なのですが、どうしてもBluelay Di …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。7.3章。

7.3ユーザー登録失敗、です。 ここでは、エラーメッセージの表示を実装します。 …

初めてのRuby8章「オブジェクトとクラス」

2章「配列とハッシュ」の次はいきなり8章「オブジェクトとクラス」に行ってしまいま …

no image
Rails 3.2と4.0、複数バージョンをインストールする

Rubyを複数バージョン入れて切り替えて使える事を確認しました。次はRailsを …

WordPressのテンプレートを自分で作ってみました

ブログ更新は久々になりました。この2週間、ずっとこのブログ用にWordPress …

MacBookAirの容量が足りない

当ブログairpucciで人気なのがMacBookAirに関するエントリ。ありが …

メタプログラミングRuby第1章

初めてのRuby2章と8章をやったところで、メタプログラミングRubyに進みます …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。3.3章。

テストコードが長くなったからリファクタリングするかも、、といいながら、静的ページ …

no image
RailsGirlsMore!でRailsTutorialのキモチワルイところがスッキリしました

RailsGirls松江からのぉ〜東京More!*既に2回目から1ヶ月半。またま …