心はいつもAirPucci (空元気でもいいから)

毎日がPucciを着ているような気分

createとnew

      2014/01/19


ruby on rails3プリケーションプログラミングの本の内容をruby2.0+rails4でやってみようと思っていましたが、正直あまりよい本ではありませんでしたので中断しました。理由は
・最終的になにができあがるかみせていない
・ひととおり技術の羅列、資料的
・チュートリアルになっていなく、どこを新規に記述すべきか明示していない。
・無理矢理進めようとしているせいか、あまりコーディングとして望ましい姿になっていない
・上と同じ原因で開発の考え方も間違ったものがみにつきそう
本書はおすすめいたしません。Railstutorial.jpをおすすめします。以下はメモ書き。

Raile3と4でcontrollerのコードが違うのはcreateか。

p80

newはあまりかわらない。XMLのところだけ追加。XMLでnewなんて何するかわからないけど、とりあえず追加しておきます。本によると、スキーマ情報を送るんだとか。p81ですね。

  def new
    @book = Book.new

    def show
      respond_to do |format|
        format.html # new.html.erb
        format.xml  { render xml: @book }
      end 
    end
  end

としました。

cretaeはエラー時のメッセージ表示がRails4ではjson使ってやっている。これはどうするべきかわからないので、とりあえず残しておいて、xml部分だけ追加しておく。

def create
    @book = Book.new(book_params)

    #空のままでもsaveできるので判定処理入れたい book.rbに?

    respond_to do |format|
      if @book.save
        format.html { redirect_to @book, notice: 'Book was successfully created.' }
        format.json { render action: 'show', status: :created, location: @book }
        format.xml  { render xml: @book, status: :created, location: @book }
      else
        format.html { render action: 'new' }
        format.json { render json: @book.errors, status: :unprocessable_entity }
        format.xml  { render xml: @book.errors, status: :unprocessable_entity }
      end
    end
  end

今の実装ではデータの中身が無くてもsaveできるので(validationがないので)
たぶん後にモデルにvalidation書く事になると思いますが、controllerにコメント書いておきました。
本当は試験で書いておくのがいいんですよね。

http://localhost:3000/books/new でデータが作れることを確認したら、
git commitしておきます。

 - テクニカル

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
電源が入らない!MacBookAirが真っ黒になりました。

iPhoneを買ったばかりの頃、iPhoneのメーラーを立ち上げても中身が表示さ …

Mac miniのメモリを自力で16Gに増設しました

Mac miniとDellの27インチIPS液晶、とても快適です。もっと快適にす …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。3.3.4章。

3.3.4レイアウトを使って重複を解消する、です。 ここでapplication …

Railsを立ち上げる

RubyのアップデートとRailsのインストールが無事終わったので、いよいよRa …

Ruby on Railsを4.1.0にバージョンアップする

真央ロス真央廃を超えた腐まお状態な1ヶ月1週間、まるで娘が嫁に行った父親のごとし …

詳解 Objective-C 2.0 第3版 CHAPTER3 継承とクラス

[]多用といいメッセージキーワードといい、やっぱObjective-Cってキモチ …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。6.2.1章。

6.2.1最初のユーザーテストです。ユーザーモデルをrails g modelで …

no image
Vaio Pよりも軽く感じる?MacBookAirとお出かけ

Vaoi Pを手放し、iPadも手放し、UQ Wimaxは解約し、DellのWi …

HerokuにRailsアプリをdeployする

Railsプロジェクトというよりも、Railsアプリっていうほうが正んでしょうか …

Rubyの聖地、松江でRailsGirls Matsueに参加しました

旧暦神在月にRubyイベントに参加したい!と思ったところ、狙ったようにRubyW …