心はいつもAirPucci (空元気でもいいから)

毎日がPucciを着ているような気分

formatはどこから取ってくる?

      2014/01/19


ruby on rails3プリケーションプログラミングの本の内容をruby2.0+rails4でやってみようと思っていましたが、正直あまりよい本ではありませんでしたので中断しました。理由は
・最終的になにができあがるかみせていない
・ひととおり技術の羅列、資料的
・チュートリアルになっていなく、どこを新規に記述すべきか明示していない。
・無理矢理進めようとしているせいか、あまりコーディングとして望ましい姿になっていない
・上と同じ原因で開発の考え方も間違ったものがみにつきそう
本書はおすすめいたしません。Railstutorial.jpをおすすめします。以下はメモ書き。

app/controllers/books_controller.rbの

def index
@books = Book.all
end内に以下を追加した。

    respond_to do |format|
      format.html # index.html.erb
      format.xml  { render xml: @books }
    end

以下のURLでxml形式で出力できるようになった
http://localhost:3000/books.xml

books GET /books(.:format) books#index
におけるformat値が”xml”の場合ですね。
render xml: @bookとしています。
:xmlはrenderのとれるオプション値。この場合、全Book値をコンテンツタイプ
application/xmlで表示することになります。

contorollerのとれるアクションは、render,respond_toの他にredirect_toがあります。

http://railsdoc.com/controller

ここでgit commitしました。

 - テクニカル

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。10.3.2章。

10.3.2マイクロポストを作成する、です。 テストを書く micropostの …

no image
createとnew

ruby on rails3プリケーションプログラミングの本の内容をruby2. …

no image
MavericksアップデートしRuby2.0+Rails4.0.2にversion upする

何を今さら感ですが、MacはAirとMiniの2台持ちです。Airのほうを人柱と …

RailsTutorial4.0を高速で復習する。11章。

第11章ユーザーをフォローする、です。ようやく最終章。1週間でできるつもりが3週 …

RailsTutorial4.0を高速で復習する。5章。

さてRailsTutorial4.0も5章に入ります。まだ序の口です。5章ではb …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。3.2章。

3.2章は最初のテストです。 Railsチュートリアルは、アプリケーションの振る …

no image
Google Appsで問い合わせフォームを作りました

とっても簡単でした。Google Appsでこのブログに問い合わせフォームを設置 …

no image
プログラミングから離れた理由を思い出した

私は転職が多く5社で正社員で経験しています。全部IT系なのだけど全部職種が違いま …

no image
WindowsのiTunesからMacのiTunesへのデータ移行

MacBookAir 2日め。なかなかMacにふみきれなかったのは、Window …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。6章。

第6章ユーザーのモデルを作成する。です。ここから開発っぽくなってきます。って今ま …