心はいつもAirPucci (空元気でもいいから)

毎日がPucciを着ているような気分

herokuのWe’re sorry, but something went wrong.に苦しんだ

   


Rails3.2環境に戻してアプリを作ろうとしています。
herokuにpushしてアプリ起動すると

We’re sorry, but something went wrong.

という画面になって全然表示されないんんです。おかしい。あんなに快調に今までpushできてたのに。

Rails4ではpublicフォルダなくなってデフォのindex.htmlがなくなったので、routes.rbでrootを指定してあげる必要があります。でもいまやってるのはRails3.2。

なんのとことはない。。

git push heroku master

のあと、

heroku rake db:migrate

をしていなかっただけでした。

皆さんもおきをつけくださいませ。

 - テクニカル

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
RubyとRailsのお作法

コーディングスタイルって結構気になります。 最初につとめた会社で、プログラミング …

no image
いまだにユビキタスなSONYとクラウドに向かうApple

PS3のトルネが良さそう@ヤマダ電機。PS3本体とチューナーの2台になってスッキ …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。3.3章。

テストコードが長くなったからリファクタリングするかも、、といいながら、静的ページ …

MacBookAirの容量が足りない

当ブログairpucciで人気なのがMacBookAirに関するエントリ。ありが …

画面キャプチャ系extension

現在メインブラウザはchromeを利用しています。画面キャプチャextensio …

RailsTutorial4.0を高速で復習する。7章

第7章ユーザー登録、です。 6章でuserモデルを作ったので、7章はwebでの登 …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。11.2章。

11.2フォローしているユーザー用のWebインターフェイス、です。 モデルができ …

パーフェクトRuby 2章Rubyの基礎 2-8 様々な代入式

p66 2-8-1 多重代入 まとめて代入する横着なやり方。 a,b = 1,2 …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。6章。

第6章ユーザーのモデルを作成する。です。ここから開発っぽくなってきます。って今ま …

no image
「Follow me」バッジのつけ方。

ブログの横についている「Follow me」バッジ。いろんな方がつけているのを見 …