心はいつもAirPucci (空元気でもいいから)

毎日がPucciを着ているような気分

herokuのWe’re sorry, but something went wrong.に苦しんだ

   


Rails3.2環境に戻してアプリを作ろうとしています。
herokuにpushしてアプリ起動すると

We’re sorry, but something went wrong.

という画面になって全然表示されないんんです。おかしい。あんなに快調に今までpushできてたのに。

Rails4ではpublicフォルダなくなってデフォのindex.htmlがなくなったので、routes.rbでrootを指定してあげる必要があります。でもいまやってるのはRails3.2。

なんのとことはない。。

git push heroku master

のあと、

heroku rake db:migrate

をしていなかっただけでした。

皆さんもおきをつけくださいませ。

 - テクニカル

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

Lionさんがお出まし?AppStoreでのアップデート

MacBookAirのDockにあるAppStoreアイコンになにやらアップデー …

MacBookAirの容量が足りない

当ブログairpucciで人気なのがMacBookAirに関するエントリ。ありが …

RailsTutorial4.0を高速で復習する。5.1.2章。

5.1.2BootstrapとカスタムCSS、です。 今までdivについていたイ …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。6.3.5章。

6.3.5ユーザーを作成する、です。 userモデルはできています。開発用のデー …

no image
ブログは独自ドメインの方が強いかもね

すっかり月一ペースで更新するブログになってしまい焦ります。 震災直後に政権批判し …

初めてのRuby8章「オブジェクトとクラス」

2章「配列とハッシュ」の次はいきなり8章「オブジェクトとクラス」に行ってしまいま …

no image
G+ウィジェット設置してみました

(この投稿は別ブログameblo.jp/sweetfからの転載です) G+ウィジ …

no image
Macでアプリを強制終了

Macでアプリを強制終了したことは今までなかったのですが、どうにもftpソフトの …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。7.3章。

7.3ユーザー登録失敗、です。 ここでは、エラーメッセージの表示を実装します。 …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。6.2.2章。

6.2.2プレゼンスを検証する、です。いよいよモデルにコードを書いていきます。 …