心はいつもAirPucci (空元気でもいいから)

毎日がPucciを着ているような気分

Railsの%

   


Rubyの%じゃなくてRailsの%です。

RailsではSQLを生成するwhereとかfindでのワイルドカードとして%が使えます。
Railsの機能ではありますが、ようするにSQLと同じなんですね。

%は0文字以上に一致するワイルドカードとして使用できます。

@books = Book.all

class Book < ActiveRecord::Base
  scope :titled, ->(q) {where 'title like ?', "%#{q}%" }
end

select * from Book WHERE title LIKE ‘%#{q}%’
qに入った文字列を含むtitleカラムを探す。

 - テクニカル

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

Mac mini買いました。

Appleの新製品発表が近づいているというのに、Mac mini買ってしまいまし …

no image
Google Appsで問い合わせフォームを作りました

とっても簡単でした。Google Appsでこのブログに問い合わせフォームを設置 …

WordPressの管理画面真っ白問題に対処しました

WordPressの自作テンプレを作ったはいいものの、管理画面が真っ白になって投 …

no image
createとnew

ruby on rails3プリケーションプログラミングの本の内容をruby2. …

no image
wordpressのサーバー移行したい

本当に自分の備忘録として。 サーバー移行したいなと考えています。 同時に、Wor …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。5.1.2章の途中から。

5.1.2章の途中、 リスト5.6 すべてのページに適用される共通のスタイルをC …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。10.3.3章。

10.3.3フィードの原型、です。 仕様の確認 ユーザーログイン後、トップページ …

RailsTutorial4.0を高速で復習する。9章。

8章で随分おなかいっぱいになりました。 第9章 ユーザーの更新・表示・削除、です …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。7.6章。演習。

7.6演習 1問目です。 リスト7.30のコードを使用して、7.1.4で定義され …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。5.6章。演習1問目。

5.6演習です。 一問目。 リスト5.28の静的ページのテストコードは簡潔ですが …