心はいつもAirPucci (空元気でもいいから)

毎日がPucciを着ているような気分

RailsGirls松江からのぉ〜東京More!*既に2回目

   


RailsGirls東京3回目に申し込みそびれた流れから松江に参加し、チューターさんにさそっていただいたご縁でFollowUpMTGに東京で参加させていただいております。ありがとうございます。既に2回目。1回目のお師匠さんにさそっていただいた勉強会yokohama.rbでは、昨日お師匠さんと相方さんの見事に息の会ったペアプロをガッツリ拝見させていただきました。
20140113-003914.jpgFollowUpMTGはMoreといいます。
railsはどの本買ってもまずテストが出てきて、もう観念するしかないのですが、このまずテストを書くというTDDが当たり前になっているなんて、人類は良い方向に進化するものなんだなあと思います。
システムは大規模インフラ時間かけて全部完璧当然waterFallっていう経験しかなく、某MSでテクニカルマーケのテーマにAgileがあったときも一生縁がないといいますか何の事だかさっぱりわかっていなかった。(ActiveRecordモデル提唱者マーチン・ファウラー氏を日本で初めて招集してセミナーやったのもこのとき。さっぱりわかっていなかった。。)
なので、仕様を噛み砕いて、テストコードから書く!という技を見た時は「ををマジか☆まじだ!」って感じでした。
そのテストから書くというのを、今日のFollowUpで早速やることになりました。2回目の師匠はペアプロで1回目師匠の相方さんだった方です。本当にありがとうございます。

テストの書き方は、こつみたいなのがまとまっているサイトがあまりなくて残念なのですが、まずモデルのテストから書き始めるというのが目鱗でした。webサイトのdirectionではUIのラフスケッチから書いてWireFrame仕上げていくというやり方していたので、実装もとりあえず動くようにcontroller書いてview書いて最後にmodelと思っていたのですが、まったく逆。でも、システム設計なら確かにデータモデルを先に固めます。

viewやcontroller等の振る舞い系は既にあるものと仮定してテストを書きながらmodelを実装していく。そうすればmodelが出来上がった頃にはviewもcontrollerもあっという間に書けてしまう(もう決まっているから)っていうのは個人的に逆転の発想でした。

KPT

  • Keep
  • 機能はモデルから実装すること

  • Problem
  • Viewからの作り込み

  • Try
  • TDD!TDD!とにかくやってみる

TDDもそうですが、教える文化が存在しているのもすごい進化だなあと思います。私もはやく教える側にまわれるよう、がんばろう。

 - テクニカル

Comment

  1. […] RailsGirls松江からのぉ〜東京More!*既に2回目から1ヶ月半。またまたRailsGirlsMoreに参加してきました。前回RailsTutorialをまねてマイサービスを作っていたところRailsTutorialが頭に入っていな […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。9.3.2章。

9.3.2サンプルのユーザー、です。 Faker gemで、実際にありそうなユー …

no image
Railsの%

Rubyの%じゃなくてRailsの%です。 RailsではSQLを生成するwhe …

attr_accessorでRuby文法を噛み締める

作りたいwebアプリがあって、プログラムやろう!となって現在にいたってる訳です。 …

no image
iPhoneのKindleアプリでChip Conley氏の本を読んでみました。その1

GWで電子本も文庫本も読み終え、「新しい本に入れ替えないと~」と思いながらすっか …

no image
Everyday Rails頑張る。3章モデルスペック

テスト書いてからコードの決意。 今のような環境がない時代のプログラマでしたが、自 …

ジョジョ専用kindle fire HDの電源が入らない!

電源が入らない!MacBookAirが真っ黒になりました。とか、 iPhoneの …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。3.5章。

3.5章は演習です。3問でています。最初の問題をやります。 1.サンプルアプリケ …

RailsTutorial4.0を高速で復習する。11.1.4章。

11.1.4フォローしているユーザー 、です。 followed_usersとf …

Chromeでの文字化けを対処しました。

WordPressで自作テンプレを作ってみたのはよいものの、困った問題が2つ。 …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。3.2章。

3.2章は最初のテストです。 Railsチュートリアルは、アプリケーションの振る …