心はいつもAirPucci (空元気でもいいから)

毎日がPucciを着ているような気分

RailsTutorial4.0を高速で復習する。3.3.3章。

      2014/01/20


3.3.3埋め込みRubyです。viewにrubyコードを埋め込んでtitleを動的に表示してみましょうというコーナーです。

homeページをちょっと動的にする

リスト3.23 タイトルにRubyを埋め込んだHomeページのビュー
app/views/static_pages/home.html.erb

<% provide(:title, 'Home') %>
<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <title>Ruby on Rails Tutorial Sample App | <%= yield(:title) %></title>
  </head>
  <body>
    <h1>Sample App</h1>
    <p>
    This is the home page for the
      <a href="http://railstutorial.jp/">Ruby on Rails Tutorial</a>
    sample application.
    </p>
  </body>
</html>

変わったところは、
<% provide(:title, 'Home') %>で:titleに値homeを入れて
Ruby on Rails Tutorial Sample App | <%= yield(:title) %>でその内容を表示する、ってとこですね。
確かに動的ではあるが、まだ寂しい、、最初だからこんなもんです。

provideはRailsの関数ですね。content_forと同じ用法の関数だそうですがレイアウトファイルを使う時はprovideじゃないといまく動かないとか。
:titileにhomeと言う文字を関連づけています。

layoutファイルがあるので試験は通らないので実行しません。

helpページをちょっと動的にする

同じようにhelpも変更かけていきます。

リスト3.24 タイトルで埋め込みRubyを使用したHelpページのビュー
app/views/static_pages/help.html.erb

<% provide(:title, 'Help') %>
<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <title>Ruby on Rails Tutorial Sample App | <%= yield(:title) %></title>
  </head>
  <body>
    <h1>Help</h1>
    <p>
  Get help on the Ruby on Rails Tutorial at the
      <a href="http://railstutorial.jp/help">Rails Tutorial help page</a>.
  To get help on this sample app, see the
      <a href="http://railstutorial.jp/book">Rails Tutorial book</a>.
    </p>
  </body>
</html>

aboutページをちょっと動的にする

同じようにaboutも変更かけていきます。

リスト3.25 タイトルで埋め込みRubyを使用したAboutページのビュー
app/views/static_pages/about.html.erb

<% provide(:title, 'About Us') %>
<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <title>Ruby on Rails Tutorial Sample App | <%= yield(:title) %></title>
  </head>
  <body>
    <h1>About Us</h1>
    <p>
      The <a href="http://railstutorial.jp/">Ruby on Rails Tutorial</a>
  is a project to make a book and screencasts to teach web development
      with <a href="http://rubyonrails.org/">Ruby on Rails</a>. This
  is the sample application for the tutorial.
    </p>
  </body>
</html>

次は、3.3.4レイアウトを使って重複を解消する、です。
commitはまだしません。

 - テクニカル ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

Google Webfont使ってみたよ

地元に戻ってきてまず思ったのは「観光サイトを立ち上げたい」ということ。いや、観光 …

RailsGirls松江からのぉ〜東京More!*既に2回目

RailsGirls東京3回目に申し込みそびれた流れから松江に参加し、チューター …

OpneSSL,Readline,Libyamlをインストールする

先ほどインストールしたHomebrewを使って、rbenvをインストールしたいと …

twitterと連携した写真のライブラリー

iPhoneを使うようになってから気軽に写真撮影し、そのままtwitter投稿す …

格安で真央ごもりする浅田真央システム完成

さいたまスーパーアリーナでの世界選手権で、浅田真央ちゃんのショートプログラム世界 …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。6.2.1章。

6.2.1最初のユーザーテストです。ユーザーモデルをrails g modelで …

パーフェクトRuby 2章Rubyの基礎 2-7-3 シンボル

p61 2-7-3 シンボル シンボル好きです。Ruby始めた頃の一番最初の疑問 …

no image
Everyday Rails頑張る。3章モデルスペック

テスト書いてからコードの決意。 今のような環境がない時代のプログラマでしたが、自 …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。5.3章。

5.3レイアウトのリンク、です。 AboutはRailsらしくない、とおっしゃっ …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。3.1章。

3.1章は静的ページの追加。これをトップページとして後で色々追加していきます。 …