心はいつもAirPucci (空元気でもいいから)

毎日がPucciを着ているような気分

RailsTutorial4.0を高速で復習する。3.3.4章。

   


3.3.4レイアウトを使って重複を解消する、です。

ここでapplication.html.erbをリネームしてあったのを元に戻す作業をしていますが、やっていないのでやりません。
で、そのレイアウトファイルですが、
app/views/layouts/application.html.erb
ようはhtmlの外枠なので、全部そこに掃き出す作業をします。

レイアウトファイルをちょっと変更

リスト3.26 サンプルアプリケーションのレイアウトファイル。
app/views/layouts/application.html.erb

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <title>Ruby on Rails Tutorial Sample App | <%= yield(:title) %></title>
  <%= stylesheet_link_tag    "application", media: "all",
                                            "data-turbolinks-track" => true %>
  <%= javascript_include_tag "application", "data-turbolinks-track" => true %>
  <%= csrf_meta_tags %>
</head>
<body>

<%= yield %>

</body>
</html>

リスト3.27 HTML構造を削除したHomeページ。
app/views/static_pages/home.html.erb

<% provide(:title, 'Home') %>
<h1>Twiliサービスへようこそ</h1>
<p>
    This is the home page for the
    <a href="http://railstutorial.jp/">Ruby on Rails Tutorial</a>
    sample application.
</p>

リスト3.28 HTML構造を削除したHelpページ。
app/views/static_pages/help.html.erb

<% provide(:title, 'Help') %>
<h1>Help</h1>
<p>
  Get help on the Ruby on Rails Tutorial at the
  <a href="http://railstutorial.jp/help">Rails Tutorial help page</a>.
  To get help on this sample app, see the
  <a href="http://railstutorial.jp/book">Rails Tutorial book</a>
</p>

リスト3.29 HTML構造を削除したAboutページ。
app/views/static_pages/about.html.erb

<% provide(:title, 'About Us') %>
<h1>About Us</h1>
<p>
  The <a href="http://railstutorial.jp/">Ruby on Rails Tutorial</a>
  is a project to make a book and screencasts to teach web development
  with <a href="http://rubyonrails.org/">Ruby on Rails</a>. This
  is the sample application for the tutorial.
</p>

http://localhost:3000/static_pages/home
http://localhost:3000/static_pages/help
http://localhost:3000/static_pages/about
それぞれアクセスすると、タイトルが変更されているのがわかります。

テスト実行

bundle exec rspec spec/requests/static_pages_spec.rb

6 examples, 0 failuresでした。お疲れさまでしたー

3.4最後に、でgitコミットし、branchをマージする手順になっています。

git addする

git status
git add .
git commit -m "Finish static pages"

次にmasterブランチに移動し、1.3.5と同じ要領で差分をマージします。

git checkout master
git merge static-pages

この後、githubとherokuへpushしていますが、とばします。

次は3.5演習です。最初にやったとき演習はとばしましたが、復習なので演習全部やります!

 - テクニカル ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。10.1.4章。

10.1.4マイクロポストを改良する、です。 has_many関連付けしたので、 …

no image
rbenvとruby-buildのインストール

諸々のものをインストールしたら、次はHomebrewを使ってrbenvとruby …

no image
MacBookAirで真央ちゃんのテレビ放映を見ました

テレビ持っていないを公言しています。 15年以上使っていたナショナル6型ブラウン …

no image
Railsの%

Rubyの%じゃなくてRailsの%です。 RailsではSQLを生成するwhe …

no image
RailsGirlsMore!でRailsTutorialのキモチワルイところがスッキリしました

RailsGirls松江からのぉ〜東京More!*既に2回目から1ヶ月半。またま …

no image
RubyとRailsのお作法

コーディングスタイルって結構気になります。 最初につとめた会社で、プログラミング …

MacBookAirにMavericksインストールしました

先週の話になってしまいますが、MacBookAirにMavericksインストー …

初めてのRuby2章 2.2ハッシュ

ハッシュ ハッシュとは、オブジェクトにキーを対応させたもの。 C++,Javaで …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。6.2.3章。

6.2.3長さを検証する、です。空データを拒否した次は、入力できるデータ長の制限 …

no image
ToDoの管理方法

東大生はノートがきれいだとか、、 きれいに書いている暇があったら、頭に書いて覚え …