心はいつもAirPucci (空元気でもいいから)

毎日がPucciを着ているような気分

RailsTutorial4.0を高速で復習する。3.3.4章。

   


3.3.4レイアウトを使って重複を解消する、です。

ここでapplication.html.erbをリネームしてあったのを元に戻す作業をしていますが、やっていないのでやりません。
で、そのレイアウトファイルですが、
app/views/layouts/application.html.erb
ようはhtmlの外枠なので、全部そこに掃き出す作業をします。

レイアウトファイルをちょっと変更

リスト3.26 サンプルアプリケーションのレイアウトファイル。
app/views/layouts/application.html.erb

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <title>Ruby on Rails Tutorial Sample App | <%= yield(:title) %></title>
  <%= stylesheet_link_tag    "application", media: "all",
                                            "data-turbolinks-track" => true %>
  <%= javascript_include_tag "application", "data-turbolinks-track" => true %>
  <%= csrf_meta_tags %>
</head>
<body>

<%= yield %>

</body>
</html>

リスト3.27 HTML構造を削除したHomeページ。
app/views/static_pages/home.html.erb

<% provide(:title, 'Home') %>
<h1>Twiliサービスへようこそ</h1>
<p>
    This is the home page for the
    <a href="http://railstutorial.jp/">Ruby on Rails Tutorial</a>
    sample application.
</p>

リスト3.28 HTML構造を削除したHelpページ。
app/views/static_pages/help.html.erb

<% provide(:title, 'Help') %>
<h1>Help</h1>
<p>
  Get help on the Ruby on Rails Tutorial at the
  <a href="http://railstutorial.jp/help">Rails Tutorial help page</a>.
  To get help on this sample app, see the
  <a href="http://railstutorial.jp/book">Rails Tutorial book</a>
</p>

リスト3.29 HTML構造を削除したAboutページ。
app/views/static_pages/about.html.erb

<% provide(:title, 'About Us') %>
<h1>About Us</h1>
<p>
  The <a href="http://railstutorial.jp/">Ruby on Rails Tutorial</a>
  is a project to make a book and screencasts to teach web development
  with <a href="http://rubyonrails.org/">Ruby on Rails</a>. This
  is the sample application for the tutorial.
</p>

http://localhost:3000/static_pages/home
http://localhost:3000/static_pages/help
http://localhost:3000/static_pages/about
それぞれアクセスすると、タイトルが変更されているのがわかります。

テスト実行

bundle exec rspec spec/requests/static_pages_spec.rb

6 examples, 0 failuresでした。お疲れさまでしたー

3.4最後に、でgitコミットし、branchをマージする手順になっています。

git addする

git status
git add .
git commit -m "Finish static pages"

次にmasterブランチに移動し、1.3.5と同じ要領で差分をマージします。

git checkout master
git merge static-pages

この後、githubとherokuへpushしていますが、とばします。

次は3.5演習です。最初にやったとき演習はとばしましたが、復習なので演習全部やります!

 - テクニカル ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
RailsのRoutingいろいろ

コントローラーがAbc アクションがactrionxだとして、 http://y …

no image
WindowsのiTunesからMacのiTunesへのデータ移行

MacBookAir 2日め。なかなかMacにふみきれなかったのは、Window …

no image
サーバー移転しました(2度目)

airpucci始まって2度目のサーバー移転しました。今まで入れていたプラグイン …

no image
retweetボタンを追加してみました

最近いろんなブログで見かけるretweetボタン。ブログのエントリーについている …

no image
「Follow me」バッジのつけ方。

ブログの横についている「Follow me」バッジ。いろんな方がつけているのを見 …

実機なしでRetina 3.5インチのスクリーンショットを撮る

iPhoneアプリ公開時に2種類の画像登録が必要です。 1つ目はアイコン。アプリ …

no image
データベースのリファクタリング?

ruby on rails3プリケーションプログラミングの本の内容をruby2. …

no image
accepts_nested_attributes_for

everydayRailsやっていて、 phoneモデルのテストのところで ac …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。9.2.2章。

9.2.2正しいユーザーを要求する、です。 テストを書く 自分以外の人がプロフィ …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。6.3.5章。

6.3.5ユーザーを作成する、です。 userモデルはできています。開発用のデー …