心はいつもAirPucci (空元気でもいいから)

毎日がPucciを着ているような気分

RailsTutorial4.0を高速で復習する。4.6章。

   


4.6演習、です。4章がRubyの説明章だったので演習はRuby問題になっています。

1問目。

リスト4.10のコードにある2つの疑問符を、それぞれ適切なメソッドに置き換えて、与えられた文字列の文字をシャッフルする関数を作成してください。ヒント: splitメソッド、shuffleメソッド、joinメソッドを組み合わせてみましょう。

ヒントがそのまま答えです。

>> def string_shuffle(s)
>> s.split(”).shuffle.join
>> end
=> nil
>> string_shuffle(“foobar”)

2問目。

リスト4.11を参考にして、上で作成したshuffleメソッドを Stringクラスに追加してください。

これも答えがほぼ書いてあります。
>> class String
>> def shuffle
>> self.split(”).shuffle.join
>> end
>> end
=> nil
>> “foobar”.shuffle

3問目。

person1、person2、person3という3つのハッシュを作成してください。それぞれのハッシュには:firstキーと:lastキーを与え、さらにそれぞれのキーに名前と名字を値として割り当ててください。次にparamsハッシュを作成し、params[:father]はperson1、params[:mother]はperson2、そしてparams[:child]は person3になるようにしてください。最後に、params[:father][:first]などが正しい値を持っていることを確認してください。

person1 = { first: “Ayano”, last: “Omoto” }
person2 = { first: “Yuka”, last: “Kashino” }
person3 = { first: “Ayaka”, last: “Nishiwaki” }

params = { father: person1, mother: person2, child: person3 }

params[:father][:first] #=> “Ayano”

4問目。

Ruby API のオンラインマニュアルを見つけて、Hashクラスのmergeメソッドについて読んでみてください。

http://docs.ruby-lang.org/ja/2.0.0/class/Hash.html
ここでいいのかな?

5問目。

(自由課題) Ruby Koans16 (訳注: TDDでRubyを学べる無料のコンテンツ) をやってみて、Rubyの感覚を掴んでみてください。

これはとばします。
4章は以上。次は
第5章レイアウトを作成する、です。

 - テクニカル ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

Eclipse CDTインストールでCould not find

さいたまスーパーアリーナで全スサノオ使い果たし力尽きてはや1ヶ月と1週間。世の中 …

詳解 Objective-C 2.0 第3版 CHAPTER4 オブジェクトの型と動的結合

CHAPTER4は「オブジェクトの型と動的結合」なんだけど、 動的結合ってなに? …

no image
iPhoneの月請求は8円のみです。

昨年11月に、e-mobileからiPhoneにMNPしました。 ちょうど、乗り …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。4.1章の途中から。

さて、4.1章の途中にある、変だなと思っている箇所、 リスト4.4 Homeペー …

no image
ブログのデザイン開発、着手から完成まで今日1日でやります

久々のブログです。 昨日アクセス解析も1年ぶりに見たのですが、何がなくとも一定の …

no image
あんたのrakeは新しいけど古いのが必要なんだよっ!!と怒られた

Mavericksってrubyが2.0になったんですね。 てのはおいといて、 r …

初めてのRuby8章 8.4特異メソッドと特異クラス

特異メソッドと特異クラス プログラムなんて、クラスの継承だけで書けてしまうのが良 …

no image
retweetボタンを追加してみました

最近いろんなブログで見かけるretweetボタン。ブログのエントリーについている …

no image
テンプレとヘルパーの順番

http://yourdomain/actionxを呼んだときのactionx用 …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。5.6章。演習2問目のつづき。

5.6章。演習2問目です。TDDにこだわり、あえてこの問題をするまで、ヘッダーや …