心はいつもAirPucci (空元気でもいいから)

毎日がPucciを着ているような気分

RailsTutorial4.0を高速で復習する。4.6章。

   


4.6演習、です。4章がRubyの説明章だったので演習はRuby問題になっています。

1問目。

リスト4.10のコードにある2つの疑問符を、それぞれ適切なメソッドに置き換えて、与えられた文字列の文字をシャッフルする関数を作成してください。ヒント: splitメソッド、shuffleメソッド、joinメソッドを組み合わせてみましょう。

ヒントがそのまま答えです。

>> def string_shuffle(s)
>> s.split(”).shuffle.join
>> end
=> nil
>> string_shuffle(“foobar”)

2問目。

リスト4.11を参考にして、上で作成したshuffleメソッドを Stringクラスに追加してください。

これも答えがほぼ書いてあります。
>> class String
>> def shuffle
>> self.split(”).shuffle.join
>> end
>> end
=> nil
>> “foobar”.shuffle

3問目。

person1、person2、person3という3つのハッシュを作成してください。それぞれのハッシュには:firstキーと:lastキーを与え、さらにそれぞれのキーに名前と名字を値として割り当ててください。次にparamsハッシュを作成し、params[:father]はperson1、params[:mother]はperson2、そしてparams[:child]は person3になるようにしてください。最後に、params[:father][:first]などが正しい値を持っていることを確認してください。

person1 = { first: “Ayano”, last: “Omoto” }
person2 = { first: “Yuka”, last: “Kashino” }
person3 = { first: “Ayaka”, last: “Nishiwaki” }

params = { father: person1, mother: person2, child: person3 }

params[:father][:first] #=> “Ayano”

4問目。

Ruby API のオンラインマニュアルを見つけて、Hashクラスのmergeメソッドについて読んでみてください。

http://docs.ruby-lang.org/ja/2.0.0/class/Hash.html
ここでいいのかな?

5問目。

(自由課題) Ruby Koans16 (訳注: TDDでRubyを学べる無料のコンテンツ) をやってみて、Rubyの感覚を掴んでみてください。

これはとばします。
4章は以上。次は
第5章レイアウトを作成する、です。

 - テクニカル ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。3.6章。

3.6高度なセットアップ、です。 この節を飛ばしても次の章以降には何の影響もあり …

Mac miniのメモリを自力で16Gに増設しました

Mac miniとDellの27インチIPS液晶、とても快適です。もっと快適にす …

Objective-C苦節3ヶ月アプリ作れるようになった

このブログairpucci.comのメニューにアプリ開発追加しました。 昨年秋よ …

アイキャッチ画像のリサイズ

768 × 1024 pxの写真をアイキャッチに指定して、150pxにリサイズ表 …

iPhoneでのToDo&スケジュール管理アプリ決定しました

苦手なタスク管理のために読んだ2冊というエントリーが割と人気なのですが、いまだに …

パーフェクトRuby 2章Rubyの基礎 2-1 Hello,Ruby

12章から5章まではPart2 Ruby言語仕様 です。 2章 Rubyの基礎 …

no image
Macでアプリを強制終了

Macでアプリを強制終了したことは今までなかったのですが、どうにもftpソフトの …

no image
「Follow me」バッジのつけ方。

ブログの横についている「Follow me」バッジ。いろんな方がつけているのを見 …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。4.2章。

4.2文字列(string)とメソッド、です。 ここからはrubyの文法について …

初めてのRuby8章 8.4特異メソッドと特異クラス

特異メソッドと特異クラス プログラムなんて、クラスの継承だけで書けてしまうのが良 …