心はいつもAirPucci (空元気でもいいから)

毎日がPucciを着ているような気分

RailsTutorial4.0を高速で復習する。5.6章。演習3問目。

   


5章最後の演習、3問目です。

リスト5.38に示すように、元のヘルパーメソッドに対するテストを書き、それによってリスト5.27のfull_titleテストヘルパーへの依存を解消してください。(spec/helpersディレクトリとapplication_helper_spec.rbファイルの両方を作成する必要があるでしょう)。次に、リスト5.39のコードを使用して、それをテストへincludeしてください。テストスイートを実行して、新しいコードに問題がないことを確認してください。注意: リスト5.38では、6.2.4で学ぶ正規表現を使用しています (この演習を提案し、コードを提供してくれたAlex Chaffeeに感謝します)。

これは、やりません。
full_titleテストヘルパー使っていないからです。かたくなに
let(:base_title) { “Ruby on Rails Tutorial Sample App” }
のままやっています。
この記述が、
static_pages_specとuser_pages_spec両方にあるのは問題で、共通化すべきとは思うけど、
ヘルパーメソッドでやるべきじゃないのでは?と感じています。

RSpec勉強しながら考えてまいります。

ということで5章終わり。演習はRailsTutorial初回勉強時はとばしていたので、ちょっと時間かかったけどできました。ばんざい!
次は
第6章ユーザーのモデルを作成する
です。いよいよだ。

 - テクニカル ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。9.3章。

9.3すべてのユーザーを表示する、です。 いろいろ細かい実装するまえにこれやるべ …

no image
wordpressのサーバー移行したい

本当に自分の備忘録として。 サーバー移行したいなと考えています。 同時に、Wor …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。3章。

巷にRails4本がなく、Rails3本をRails4でやってみようとしたところ …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。10.3章。

10.3マイクロポストを操作する、です。 仕様の理解 ポストはユーザーだけが投稿 …

詳解 Objective-C 2.0 第3版 CHAPTER2 Objective-Cのプログラム

Objective-Cの解説はメッセージから始まる。このメッセージという概念、も …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。10.1.4章。

10.1.4マイクロポストを改良する、です。 has_many関連付けしたので、 …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。11.2.4章。

11.2.4[フォローする] ボタン (標準的な方法)、です。 仕様 それぞれの …

RailsTutorial4.0を高速で復習する。11.1.4章。

11.1.4フォローしているユーザー 、です。 followed_usersとf …

no image
iTunesをMacBookAirからWindowsに戻しました。

2月にMacBookAirを購入し、今までWindows上にあったiTunesを …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。6.2.5章。

6.2.5一意性を検証する、です。メールアドレスをIDとして使うため(でなくとも …