心はいつもAirPucci (空元気でもいいから)

毎日がPucciを着ているような気分

RailsTutorial4.0を高速で復習する。6章。

   


第6章ユーザーのモデルを作成する。です。ここから開発っぽくなってきます。って今まではなんだったんだって感じですけどね。肩ならしです。高速でできるかわかりませんが、やってみましょう!

まずはおやくそく、branchづくり。

git checkout master
git checkout -b modeling-users

6.1 Userモデル、です。

5.4章でrails gしてuserのcontorollerとviewを作り、アクションはnewだけにし、routesを設定しました。
match ‘/signup’, to: ‘users#new’, via: ‘get’
って書いて、pathを/users/newじゃなくて、/signupにしたのでした。

モデルはまだ無い。

6.1.1データベースの移行、です。

みょうな説明が続きますが端折ってよいでしょう。ただし、
データモデリングのスキルは必須かと思います。それと、SQL隠蔽化されているからってわからないってのもありえない。プログラミングも大事だけどこっちも大事。合わせてシステム、サービス。

Userモデルの作成

controller(ただしnewアクションのみ)とview(同じく)はあるので、モデルを作ります。
リスト6.1 Userモデルの作成。

rails g model User name:string email:string
rake db:migrate
rake db:migrate RAILS_ENV=test

Railsのデータモデルですが、デフォで
id:integer
created_at:datetime
updated_at:datetime

の3カラムが付加されるのは最初びっくりしました。

6.1.3ユーザーオブジェクトを作成する、です。
ここではrails console使ってデータモデルの操作をいろいろ練習しているので、飛ばします。
が、ここだけ。

Userモデルのインスタンスはドット記法を用いてその属性にアクセスすることができます。
>> user.name
Michael Hartl
>> user.email
=> “mhartl@example.com”
>> user.updated_at
=> Mon, 11 Mar 2013 00:57:46 UTC +00:00

こういうふうに書けるところが凄くすき。

Railsのデータ型とDBのデータ型の関係、
DBの操作形とSQLの関係は別途つきつめて調べてみたいです。

6.2.1最初のユーザーテスト、まで飛ばします。

bundle exec rake db:migrate
bundle exec rake test:prepare

ここでようやくrake dbが出てきましたので実行します。

いったんここでコミットします。

次は6.2.1のテストからです。

 - テクニカル ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
iPhoneの月請求は8円のみです。

昨年11月に、e-mobileからiPhoneにMNPしました。 ちょうど、乗り …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。9.3.4章。

9.3.4パーシャルのリファクタリング、です。 テストパスしているのでリファクタ …

no image
いまだにユビキタスなSONYとクラウドに向かうApple

PS3のトルネが良さそう@ヤマダ電機。PS3本体とチューナーの2台になってスッキ …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。8.2.1章。途中から。

Railsのセキュリティに納得がいかず3日ほど低速です。とりあえず進めています。 …

詳解 Objective-C 2.0 第3版

Rubyの言語仕様を勉強する傍ら、Objective-Cも言語仕様ベースで勉強し …

Ruby on Railsを4.1.0にバージョンアップする

真央ロス真央廃を超えた腐まお状態な1ヶ月1週間、まるで娘が嫁に行った父親のごとし …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。10.3.2章。

10.3.2マイクロポストを作成する、です。 テストを書く micropostの …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。3.1章。

3.1章は静的ページの追加。これをトップページとして後で色々追加していきます。 …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。11.2.3章。

11.2.3「フォローしているユーザー」ページと「フォロワー」ページ、です。 仕 …

MicrosoftのFutureVision 2019 vs 2011 vs 2010

Wiredで取り上げられたので、今日はMSのFutureVisionが話題でした …