心はいつもAirPucci (空元気でもいいから)

毎日がPucciを着ているような気分

RailsTutorial4.0を高速で復習する。6.2.2章。

      2014/01/25


6.2.2プレゼンスを検証する、です。いよいよモデルにコードを書いていきます。
RailsTutorialでは、まず失敗するコードを書くための勉強として、モデルにコードを書いてかからテストを書き、パスするか確認したうえで、モデルのコードをコメントアウトしテストが失敗することを確認しています。
七面倒くさいので、ますテストを書きます。

Userのテストを書く

リスト6.8 name属性の検証に対する、失敗するテスト。
リスト6.9 email属性の存在性のテスト。
spec/models/user_spec.rb

require 'spec_helper'

describe User do

  before do
    @user = User.new(name: "Example User", email: "user@example.com")
  end
  subject { @user }

  #name属性のデータがある
  it { should respond_to(:name) }
  #email属性のデータがある
  it { should respond_to(:email) }
  #@userがvalidである
  it { should be_valid }

  describe ":nameが空の場合のテスト" do
    before { @user.name = " " }
    #validではないと検証する
    it { should_not be_valid }
  end
  describe ":emailが空の場合のテスト" do
    before { @user.email = " " }
    #validではないと検証する
    it { should_not be_valid }
  end
end

実行すると、
User :nameが空の場合のテスト 、User :emailが空の場合のテスト
のエラーは出ましたが、
it { should be_valid }
のエラーは出ません。rails g modelsの時にできてしまっているからですね。

モデルの属性と、生成したオブジェクトが有効かどうかのテストはrails gする前に書くんですかねぇ。

Userを実装する

Userの:nameが空の場合のテストが失敗するってことは、:nameが空でもデータ登録できてしまうってことで、それは嫌です。なのでUserにコードを書いて、空データだとはじくようにしたいです。

リスト6.10 name属性とemail属性の存在性を検証する。
app/models/user.rb

class User < ActiveRecord::Base
  validates :name,  presence: true
  validates :email, presence: true
end

テストはパスしました。

次は、
6.2.3長さを検証する
です。

 - テクニカル ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
iPhoneの月請求は8円のみです。

昨年11月に、e-mobileからiPhoneにMNPしました。 ちょうど、乗り …

画面キャプチャ系extension

現在メインブラウザはchromeを利用しています。画面キャプチャextensio …

no image
サイドバーの幅を決めたい(Googleアドセンス編)

サーバー移転したままブログが放置状態になっています。 その間も検索エンジン経由で …

no image
Mavericksでruby2.0 rails4.0.0のGem

MacBookAirにMavericksインストールして初めてのrails ne …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。6.2.1章。

6.2.1最初のユーザーテストです。ユーザーモデルをrails g modelで …

no image
MacBookAirで真央ちゃんのテレビ放映を見ました

テレビ持っていないを公言しています。 15年以上使っていたナショナル6型ブラウン …

no image
Google Appsで問い合わせフォームを作りました

とっても簡単でした。Google Appsでこのブログに問い合わせフォームを設置 …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。5.2章。

5.2SassとAsset Pipeline、です。 ここは読み物系です。読んで …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。9.3章。

9.3すべてのユーザーを表示する、です。 いろいろ細かい実装するまえにこれやるべ …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。3.5章。つづき。

3.5演習の2もんめをやります。 2.お気付きの方もいると思いますが、リスト3. …