心はいつもAirPucci (空元気でもいいから)

毎日がPucciを着ているような気分

浅田真央ちゃんお疲れさまでした。

      2014/04/18


オリンピック終了し、真央ちゃんの去就が注目されています。
ショートでのあの崩れ方、心ここにあらずという様子をオリンピックとう大舞台で、世界中に佐藤先生に他の選手に見せてしまったことは、その後のフリーが会心の演技だったとはいえ、いったいどうしたものだかキャリアのある選手としては褒められることではありません。技術を磨いてきた本人の努力、美しさを引き出すスタッフの努力はすばらしいと思いますが、なぜメンタル面の課題を4年もの間、誰も気づいてケアできなかったんだろうかと思います。
201205270010359dc
北島マヤは天才なので戦略思考がなく、ひたむきに練習し、し過ぎで自分を呪縛してしまう。
団体戦で、リプニツカヤの後にリンクに出ようとしたとき、怒号のロシアコールを聞いて固まった真央ちゃんをみて、北島マヤを思い出しました。

プレッシャーが大きくて大変なのは他の選手も同じ条件だと思います。だから、攻めるか萎縮するか。萎縮しても結果がダメなのは明白なので攻めるしかなく、最終グループの選手は皆うまく思い切り良く攻めていたように見えます。この気持ちの持ち方を日本人ができないのはなぜだろう、散々準備しても、自分のやってきたことを信じきれないのはなぜなのでしょう。

真央選手のフリーは立派でしたが、猛者ぞろいの最終グループにいたらできたでしょうか?あの演技は最終グループの中で見栄えがするでしょうか?ショートでの思わぬ崩れという悲劇無しならば世界中の人は感動するでしょうか?いままでの思いをぶつけた腹の底からの良い演技だったものの、どこか悔しさがにじむため、華やかさが今ひとつのように見えました。

とはいえ、圧巻だったのは確か。

佐藤先生にしかられて、自分で気持ちを切り替えて取り組んで、一皮むけた大人になったんだな。演技終わった後の泣きをこらえる姿を見て思いました。

心技を自在にコントロールする円熟した姿の真央ちゃんを今後見たいな、その入り口に来たんだな、と思います。せっかく一皮むけたんだから、もう少し続けてほしい、、と思いますが、競技生活は真央ちゃんのもの。本当にお疲れさまでした。いままで「私の娘」とまで豪語して好き勝手に楽しんでおりました。ありがとうございました。本当にね、かわいらしくて大好きでした。

 - 空元気な日々 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
good newsとbad news

東京を離れて1年と書きましたが、その後すぐに再上京しました。 誇りだった地元の、 …

no image
消去法だったけど正解だった選択。

天安門事件の年に日本のIT企業で新入社員となり、世界中にインフラを納入するセクシ …

no image
自由が丘

暖かくなってきました。春物のお洋服はいま買わないとなくなりそう。スプリングコート …

no image
ビジネスアイデアをさらしてみる

楽天優勝&ヤフオク無料化記念、事業アイデアさらしもやりましたが、 昔のフォルダ見 …

世界初のエクスペリエンス・マーケティング

以前、ネットショップをやっておりまして。 ショップを作る前に、「絶対にブランドに …

no image
ブログのアクセス数

最近またこのブログ(心はいつもAirPucci (空元気でもいいから) )を頑張 …

no image
答えが出ない。 『社会起業家VS起業家』に関するメモ。

昨日の小さなチーム、大きな仕事―37シグナルズ成功の法則で、規模の追求を求めない …

no image
高橋大輔選手の進化をプログラム曲からみる

オリンピックの選考結果を待ってしまうと書けなくなりそうなので、書いています。 今 …

浅田真央展 京都と新宿高島屋あわせて神会でした。

たかしまお展こと、浅田真央 23年の軌跡展の日本橋高島屋会場、横浜高島屋会場につ …

no image
東京から離れて1年

昨年の311震災後、大学時代から四半世紀住んだ東京を離れて1年たちました。実家に …