心はいつもAirPucci (空元気でもいいから)

毎日がPucciを着ているような気分

RailsTutorial4.0を高速で復習する。8.3章。

   


8.3Cucumberの紹介 (オプション)

Cucumberは振舞駆動開発用のツールだそうです。最近はどうなんでしょ?使われているんでしょうか?

テスト本の

おすすめは「The RSpec Book 」(David Chelimsky著)、「 Rails 3 in Action 」(Ryan Bigg、Yehuda Katz著)、 「The Cucumber Book」(Matt Wynne、Aslak Hellesøy著)

だそうです。

8.3.1インストールと設定、です。

Cucumber環境づくり

cucumber-rails gemとdatabase_cleanerをgemに追加する必要がありますが、もう入っていました。

rails generate cucumber:install

これでcucumberに必要な環境ができます。

8.3.2フィーチャーとステップ、です。

Cucumberでは、Gherkin (キュウリ属の植物: ガーキン) と呼ばれるテキストベースの言語を使用して、アプリケーションに期待される振る舞いを記述します。

聞いた事がなかったです。

サインインのテストをCucumberで書いてみる

リスト8.32 ユーザーのサインインをテストするCucumberのフィーチャーファイル。
features/signing_in.feature

Feature: Signing in

  Scenario: Unsuccessful signin
    Given a user visits the signin page
    When he submits invalid signin information
    Then he should see an error message

  Scenario: Successful signin
    Given a user visits the signin page
      And the user has an account
    When the user submits valid signin information
    Then he should see his profile page
      And he should see a signout link

リスト8.33 サインインフィーチャーがパスするための完全なステップ定義。
features/step_definitions/authentication_steps.rb

Given /^a user visits the signin page$/ do
  visit signin_path
end

When /^he submits invalid signin information$/ do
  click_button "Sign in"
end

Then /^he should see an error message$/ do
  expect(page).to have_selector('div.alert.alert-error')
end

Given /^the user has an account$/ do
  @user = User.create(name: "Example User", email: "user@example.com",
                      password: "foobar", password_confirmation: "foobar")
end

When /^the user submits valid signin information$/ do
  fill_in "Email",    with: @user.email
  fill_in "Password", with: @user.password
  click_button "Sign in"
end

Then /^he should see his profile page$/ do
  expect(page).to have_title(@user.name)
end

Then /^he should see a signout link$/ do
  expect(page).to have_link('Sign out', href: signout_path)
end

Cucumberでテストシナリオ書いて、振る舞いはカピバラさんで書くというもののようです。

bundle exec cucumber features/

これでテストはパス。Cucumber見やすいと思いますが、なんだかRSpecのほうがいいかも。

8.3.3対比: RSpecのカスタムマッチャー、です。

これはとばします。

8.4最後に、です。

変更をmasterブランチにマージします。herokuにはpushしません。

8.5演習はとばします。

次は、
第9章 ユーザーの更新・表示・削除
です。

 - テクニカル ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。4.6章。

4.6演習、です。4章がRubyの説明章だったので演習はRuby問題になっていま …

no image
テンプレとヘルパーの順番

http://yourdomain/actionxを呼んだときのactionx用 …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。9.3.2章。

9.3.2サンプルのユーザー、です。 Faker gemで、実際にありそうなユー …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。4.1章の途中から。

さて、4.1章の途中にある、変だなと思っている箇所、 リスト4.4 Homeペー …

コンビニで切れないiPhone充電ケーブル買った

iPhone充電に使うライトニングケーブルって高いのに切れ易く涙目。 こんな感じ …

Railsを立ち上げる

RubyのアップデートとRailsのインストールが無事終わったので、いよいよRa …

no image
あんたのrakeは新しいけど古いのが必要なんだよっ!!と怒られた

Mavericksってrubyが2.0になったんですね。 てのはおいといて、 r …

Macにコマンドラインツールをインストールする

Mac miniのメモリが16Mになったので、気分も新たに、Ruby on Ra …

詳解 Objective-C 2.0 第3版

Rubyの言語仕様を勉強する傍ら、Objective-Cも言語仕様ベースで勉強し …

no image
retweetボタンを追加してみました

最近いろんなブログで見かけるretweetボタン。ブログのエントリーについている …