心はいつもAirPucci (空元気でもいいから)

毎日がPucciを着ているような気分

RailsTutorial4.0を高速で復習する。9.2.2章。

   


9.2.2正しいユーザーを要求する、です。

テストを書く

自分以外の人がプロフィル変更できないテストを書きます。自分以外でログインし、キチンとメッセージだでたりリダイレクトされたりを確認します。

リスト9.14 editアクションとupdateアクションで正しいユーザーを要求することをテストする。
spec/requests/authentication_pages_spec.rb

require 'spec_helper'

describe "Authentication" do
略
  describe "authorization" do
略
    describe "as wrong user" do
      let(:user) { FactoryGirl.create(:user) }
      let(:wrong_user) { FactoryGirl.create(:user, email: "wrong@example.com") }
       before do
        visit signin_path
        fill_in "Email",    with: user.email.upcase
        fill_in "Password", with: user.password
        click_button "Sign in"
      end

      describe "submitting a GET request to the Users#edit action" do
        before { get edit_user_path(wrong_user) }
        specify { expect(response.body).not_to match(full_title('Edit user')) }
        specify { expect(response).to redirect_to(root_url) }
      end

      describe "submitting a PATCH request to the Users#update action" do
        before { patch user_path(wrong_user) }
        specify { expect(response).to redirect_to(root_path) }
      end
    end
  end
end

リスト9.6 ユーザーがサインインするためのテストヘルパー。
spec/support/utilities.rb

.
.
.
def sign_in(user, options={})
  if options[:no_capybara]
    # Capybaraを使用していない場合にもサインインする。
    remember_token = User.new_remember_token
    cookies[:remember_token] = remember_token
    user.update_attribute(:remember_token, User.encrypt(remember_token))
  else
    visit signin_path
    fill_in "Email",    with: user.email
    fill_in "Password", with: user.password
    click_button "Sign in"
  end
end

ずっとテストヘルパー使わずにやってましたが、ここでno_capybara optionで実行するために使いました。
納得いっていません。RSpec要勉強です。

実装する

リスト9.15 edit/updateページを保護するためのcorrect_user before_action。
app/controllers/users_controller.rb

class UsersController < ApplicationController
  before_action :signed_in_user, only: [:edit, :update]
  before_action :correct_user,   only: [:edit, :update]
略
  def edit
  end

  def update
    if @user.update_attributes(user_params)
      flash[:success] = "Profile updated"
      redirect_to @user
    else
      render 'edit'
    end
  end
略
  private

    def user_params
      params.require(:user).permit(:name, :email, :password,
                                   :password_confirmation)
    end

    # Before actions

    def signed_in_user
      redirect_to signin_url, notice: "Please sign in." unless signed_in?
    end

    def correct_user
      @user = User.find(params[:id])
      redirect_to(root_path) unless current_user?(@user)
    end
end

いったんコミットしておきます。
次は
9.2.3フレンドリーフォワーディング
です。

 - テクニカル ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

パーフェクトRuby 2章Rubyの基礎 2-2 変数と定数

p47 2-2-1 ローカル変数 スコープは ・ブロック内 ・メソッド定義内 ・ …

初めてのRuby8章「オブジェクトとクラス」

2章「配列とハッシュ」の次はいきなり8章「オブジェクトとクラス」に行ってしまいま …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。3.3.4章。

3.3.4レイアウトを使って重複を解消する、です。 ここでapplication …

no image
iPhoneの月請求は8円のみです。

昨年11月に、e-mobileからiPhoneにMNPしました。 ちょうど、乗り …

RailsTutorial4.0を高速で復習する。9章。

8章で随分おなかいっぱいになりました。 第9章 ユーザーの更新・表示・削除、です …

no image
Vaio Pよりも軽く感じる?MacBookAirとお出かけ

Vaoi Pを手放し、iPadも手放し、UQ Wimaxは解約し、DellのWi …

no image
editとupdate

ruby on rails3プリケーションプログラミングの本の内容をruby2. …

no image
ToDoの管理方法

東大生はノートがきれいだとか、、 きれいに書いている暇があったら、頭に書いて覚え …

no image
Rails 3.2と4.0、複数バージョンをインストールする

Rubyを複数バージョン入れて切り替えて使える事を確認しました。次はRailsを …

twitterと連携した写真のライブラリー

iPhoneを使うようになってから気軽に写真撮影し、そのままtwitter投稿す …