心はいつもAirPucci (空元気でもいいから)

毎日がPucciを着ているような気分

詳解 Objective-C 2.0 第3版 CHAPTER3 継承とクラス

   


[]多用といいメッセージキーワードといい、やっぱObjective-Cってキモチワルイ。これになれてむしろいいみたいにならんといかんのだわ。なれそうな気もするし、ずっとキモイままの気もする。。

p37からはCHAPTER3継承とクラスでななめよみでいいかと。

p38
03-01 継承の概念

p40
03-02 継承を用いたクラス定義

Cocoa環境のルートクラスはNSObject

このNSなんちゃらっていうのがいっぱい出てくるのもObjective-Cのキモいところ。NSってなんの略だろ?
=>おお!NextStepでした。忘れてはいけない。そして本当にしつこくてキモい!

p41
全てのクラスは継承しているクラスを書かなくちゃいけない。すんごいめんどくさいわ。特に継承したいクラスがない場合はNSObjectでよい。ひどいわ。

@interface Volume : NSObject
{
    int val;
    int min, max, step;
}

- (id)initWithMin:(int)a max:(int)b step:(int)s;
- (int)value;
- (id)up;
- (id)down;
@end

本当に、: NSObject って書いているし。なんとムダの多い言語でしょう。美しくない。

p44
継承を行っていると、親クラスというか、継承しているクラスのメソッドを呼び出してから自分の処理をしたり、場合分けして、親クラスの処理をするか自分クラスの処理をするか、とかしたい時がある。ややこしい。
親クラスのメソッドを実行するとき、
[super method];と書く。

で、どれをさしてsuperっていうかだけど、
継承している直前のクラス、っていうわけじゃない。method1,2があるclass Aを継承したclass Bが、method2を変更しているとき、classBを継承したclass Cで[super method2]すると、class Bにはmethod2がないのでclass Aのmethod2を読み出す。

実験プログラムlist3-6がある。

p53
03-05 メソッド定義に関する注意
「下請けっぽいメソッド」って書いてある。@interfacに含めるまでもない、実に内部的なメソッドのこと。
そういうのは、@implementationでいきなりメソッドを書いてしまう。内部メソッドにはそのプロジェクトで決めたそれとわかる接頭語をつけるのがコーディング推奨。

p54
指定イニシャライザ

こういうのもあるってことで、必要になったら読み返す。

 - テクニカル

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

パーフェクトRuby 2章Rubyの基礎 2-6 モジュール

p57 2-6 モジュール 2-6-1モジュールの定義式 モジュールはインスタン …

Macにコマンドラインツールをインストールする

Mac miniのメモリが16Mになったので、気分も新たに、Ruby on Ra …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。9.1.2章。

9.1.2編集の失敗、です。 テストを書きます リスト9.9 ユーザーupdat …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。5.4章。

5.4ユーザー登録: 最初のステップ、です。ようやく開発っぽくなってきます。 5 …

初めてのRuby2章 2.2ハッシュ

ハッシュ ハッシュとは、オブジェクトにキーを対応させたもの。 C++,Javaで …

パーフェクトRuby 2章Rubyの基礎 2-8 様々な代入式

p66 2-8-1 多重代入 まとめて代入する横着なやり方。 a,b = 1,2 …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。4章と4.1章。

さて、4章です。4章ではRubyに関する内容が多かったような記憶が。 動的なWe …

no image
RubyとRailsのお作法

コーディングスタイルって結構気になります。 最初につとめた会社で、プログラミング …

RailsTutorial4.0を高速で復習する。8.1.2章。

8.1.2サインインをテストする、です。 Signin(ログイン)失敗の場合 ロ …

attr_accessorでRuby文法を噛み締める

作りたいwebアプリがあって、プログラムやろう!となって現在にいたってる訳です。 …