心はいつもAirPucci (空元気でもいいから)

毎日がPucciを着ているような気分

詳解 Objective-C 2.0 第3版

      2014/05/11


Rubyの言語仕様を勉強する傍ら、Objective-Cも言語仕様ベースで勉強していく。Stroyboardでなにか適当に作ってもスッキリしないのは、やっぱり言語仕様がわかっていないから。もう、覚悟決めて勉強する。

というわけで詳解 Objective-C 2.0 第3版。Objectibe-Cの言語仕様勉強しようと思ったらこれしかない。Rubyみたいにちょっと書いて黒い画面で確認できたらいいのに、そうはいかないので、Xcode立ち上げてファイル作りながらやりますよ。

CHAPTER01 オブジェクトに基づくソフトウェアの作成
CHAPTER02 Objective-Cのプログラム
CHAPTER03 継承とクラス
CHAPTER04 オブジェクトの型と動的結合
CHAPTER05 リファレンスカウンタを用いたメモリ管理方式
CHAPTER06 ガーベジコレクション
CHAPTER07 宣言プロパティ
CHAPTER08 NSObjectクラスとランタイムシステム
CHAPTER09 Foundationフレームワークの重要なクラス
CHAPTER10 カテゴリ
CHAPTER11 抽象クラスとクラスクラスタ
CHAPTER12 プロトコル
CHAPTER13 オブジェクトのコピーと保存
CHAPTER14 ブロックオブジェクト
CHAPTER15 メッセージ送信のパターン
CHAPTER16 アプリケーションの構造
CHAPTER17 例題:簡易画像ビューア
CHAPTER18 例外とエラー
CHAPTER19 並列プログラミング
CHAPTER20 キー値コーディング
APPENDIX01 Foundationフレームワークの概要
APPENDIX02 Core Foundationフレームワークの概要
APPENDIX03 コーディングの指針

 - テクニカル

Comment

  1. […] 詳解 Objective-C 2.0 第3版Posted on 2014年5月6日 詳解 Objective-C 2.0 第3版 CHAPTER2 Objective-Cのプログラム […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。5.1.2章の途中から。

5.1.2章の途中、 リスト5.6 すべてのページに適用される共通のスタイルをC …

no image
Railsの%

Rubyの%じゃなくてRailsの%です。 RailsではSQLを生成するwhe …

詳解 Objective-C 2.0 第3版 CHAPTER3 継承とクラス

[]多用といいメッセージキーワードといい、やっぱObjective-Cってキモチ …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。11.2.4章。

11.2.4[フォローする] ボタン (標準的な方法)、です。 仕様 それぞれの …

WindowsキーボードをMacで使う

キーボード難民です。Mac miniでApple純正のキーボードを使っていました …

no image
wordpressのサーバー移行したい

本当に自分の備忘録として。 サーバー移行したいなと考えています。 同時に、Wor …

40秒も待てない。

自由が丘のカフェでこれ書きました。Table Modern Service、食べ …

no image
booknest使ってみました

先日、日本サムスンのデザイナー、吉田道生氏のお話をお伺いしました。 非常に興味深 …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。4.6章。

4.6演習、です。4章がRubyの説明章だったので演習はRuby問題になっていま …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。5.6章。演習2問目のつづき。

5.6章。演習2問目です。TDDにこだわり、あえてこの問題をするまで、ヘッダーや …