心はいつもAirPucci (空元気でもいいから)

毎日がPucciを着ているような気分

Ruby on Railsを4.1.0にバージョンアップする

   


真央ロス真央廃を超えた腐まお状態な1ヶ月1週間、まるで娘が嫁に行った父親のごとしでしたが、ちょっとずつ真央ちゃんが引退するかもしれないという現実を受け入れられるようになってきています。

久々にrails -vするとおこられました。

The `rails’ command exists in these Ruby versions:
1.9.3-p448
2.0.0-p247
2.1.0

いまruby 2.1.1使っています。
いったん2.1.0に戻そうかと思いましたが、gem updateでとりあえず全部最新にしました。
=>やっぱりおこられました。今入っているrailsのバージョンすらわからん。4.0.2だったと思ったけど。

ruby 2.1.1のままだとrails newすらできないので、いったん2.1.0に戻します。

rbenv global 2.1.0
rbenv rehash

これでrails -vすると
Rails 4.0.0
でした。

今インストール可能なRailsのバージョンを調べます。
gem search -r rails

いまだともれなく
rails (4.1.0)
が入るようです。

バージョン指定したかったら、Railsのバージョン指定する方法でインストールですが、今は最新のRailsを入れたいため、普通に
gem install rails

しました。

最新インストールされるはずですが、なんとエラー!

ERROR: While executing gem … (Gem::RemoteFetcher::UnknownHostError)
no such name (https://api.rubygems.org/quick/Marshal.4.8/mime-types-1.21.gemspec.rz)

なんだかgem配信側でバグっているらしく、Ruby2.1ではエラーになるとか。

しょうがないので、Ruby2.1.0 Rails4.0.0でいったんRails newしてみます。

Gemfile見ると当然ですがRails4.0.0が書いてあります。これを4.1.0に書き換えて
bundle update
すると、無事Rails4.1.0がインストールできました。

rails -vで
Rails 4.1.0
となっています。

めでたしめでたし。じゃなくって、Rubyを2.1.1に戻してみます。

rbenv global 2.1.1
rbenv rehash

で、またbundle update

ruby2.1.0&rails4.1.0のときは以下でしたが
Using rake (10.3.1)
Using i18n (0.6.9)
Using json (1.8.1)
Installing minitest (5.3.3)
Using thread_safe (0.3.3)
Installing tzinfo (1.1.0)
Installing activesupport (4.1.0)
Installing builder (3.2.2)
Using erubis (2.7.0)
Installing actionview (4.1.0)
Using rack (1.5.2)
Using rack-test (0.6.2)
Installing actionpack (4.1.0)
Using mime-types (1.25.1)
Using polyglot (0.3.4)
Using treetop (1.4.15)
Using mail (2.5.4)
Installing actionmailer (4.1.0)
Installing activemodel (4.1.0)
Installing arel (5.0.1.20140414130214)
Installing activerecord (4.1.0)
Using bundler (1.5.3)
Using coffee-script-source (1.7.0)
Using execjs (2.0.2)
Using coffee-script (2.2.0)
Using thor (0.19.1)
Installing railties (4.1.0)
Using coffee-rails (4.0.1)
Using hike (1.2.3)
Using multi_json (1.9.3)
Using jbuilder (1.5.3)
Using jquery-rails (3.1.0)
Using tilt (1.4.1)
Using sprockets (2.11.0)
Installing sprockets-rails (2.1.3)
Installing rails (4.1.0)
Using rdoc (4.1.1)
Using sass (3.2.19)
Using sass-rails (4.0.3)
Using sdoc (0.4.0)
Using sqlite3 (1.3.9)
Using turbolinks (2.2.2)
Using uglifier (2.5.0)

ruby2.1.1&rails4.1.0では以下です。
Installing rake 10.3.1
Installing i18n 0.6.9
Using json 1.8.1
Using minitest 5.3.3
Using thread_safe 0.3.3
Installing tzinfo 1.1.0
Installing activesupport 4.1.0
Installing builder 3.2.2
Installing erubis 2.7.0
Installing actionview 4.1.0
Installing rack 1.5.2
Installing rack-test 0.6.2
Installing actionpack 4.1.0
Installing mime-types 1.25.1
Installing polyglot 0.3.4
Installing treetop 1.4.15
Installing mail 2.5.4
Installing actionmailer 4.1.0
Installing activemodel 4.1.0
Installing arel 5.0.1.20140414130214
Installing activerecord 4.1.0
Using bundler 1.6.2
Installing coffee-script-source 1.7.0
Installing execjs 2.0.2
Installing coffee-script 2.2.0
Using thor 0.19.1
Installing railties 4.1.0
Installing coffee-rails 4.0.1
Installing hike 1.2.3
Installing multi_json 1.9.3
Installing jbuilder 1.5.3
Installing jquery-rails 3.1.0
Installing tilt 1.4.1
Installing sprockets 2.11.0
Installing sprockets-rails 2.1.3
Installing rails 4.1.0
Installing rdoc 4.1.1
Installing sass 3.2.19
Installing sass-rails 4.0.3
Installing sdoc 0.4.0
Installing sqlite3 1.3.9
Installing turbolinks 2.2.2
Installing uglifier 2.5.0

bundlerのバージョンだけ違いますね。
Using bundler (1.5.3)
Using bundler 1.6.2

rails sも成功したところで、無事Ruby2.1.1&Rails4.1.0の環境が出来上がりました。

 - テクニカル ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

RailsTutorial4.0を高速で復習する。11章。

第11章ユーザーをフォローする、です。ようやく最終章。1週間でできるつもりが3週 …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。5.1.2章の途中から。

5.1.2章の途中、 リスト5.6 すべてのページに適用される共通のスタイルをC …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。7.2章

7.2ユーザー登録フォーム、です。 ユーザー認証も登録も、モデルは作ってあるので …

RailsTutorial4.0を高速で復習する。11.1.4章。

11.1.4フォローしているユーザー 、です。 followed_usersとf …

railsでtest unitを生成させない

ruby on rails3プリケーションプログラミングの本の内容をruby2. …

Macにコマンドラインツールをインストールする

Mac miniのメモリが16Mになったので、気分も新たに、Ruby on Ra …

no image
destory

ruby on rails3プリケーションプログラミングの本の内容をruby2. …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。9.3.2章。

9.3.2サンプルのユーザー、です。 Faker gemで、実際にありそうなユー …

no image
createとnew

ruby on rails3プリケーションプログラミングの本の内容をruby2. …

no image
RailsTutorial4.0を高速で復習する。5.3.4章。

5.3.4RSpecを洗練させる、です。 確かに、名前付きルートに書き換えていて …